占い 【12月のくらげ占い 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座編】牡羊座は自分を追い込まないように

くらげが海中を漂うように、ふわりふわりと生きていくために役立つ星からのメッセージを届けるくらげ占い。今月もゆる~く過ごしていきましょう。

2021年の12月は、星の巡りとして「射手座のシーズン」といわれています。この時期は、ぐんぐん気温が下がるのに、反比例するかのように、心がヒートアップ。気ぜわしくなって、不安になったりイライラしたり、精神状態が揺らぎやすくなります。年末で仕事がバタついたり、「1年が終わってしまう~」というそこはかとない焦りが出たり。すがすがしい気持ちで年越しするために、できることは全部やっちゃわないと!という気負いが出るのは、日本ならではの慣習なのかもしれません。

でも、マイナスなことばかりではありません。射手座パワーとのシンクロ率が高い人は、自分のパワーが増してくるような感覚を得たり、迷っていた人生の方向性がバチっと決まったり、あるいは五感が冴えて直感がはたらくようになったりして「仕事や環境の激変、躍進がある予兆」を得る時期でもあるんです。

また、クリスマスもあり、「何かが誕生する」「生まれ変わる」というエネルギーも増すので、「なんだか私、若返った?」と感じる人も。その力を引き寄せるためにも、今月も深刻になりすぎず、ひたすら自分を愛しながら過ごしていきましょう。

もしネガティブマインドが発動したら、自分を愛してくれる人、愛してくれた人を思い出してみてください。たとえ一時期的だったとしても、愛を感じたときの気持ち、そのときの自分の穏やかな心のありようを思い出してください。

特に、パートナーがいる人は、結婚や恋愛にまつわる不安や怒りを、直接的な相手にぶつけないように気を付けてくださいね。

これから恋愛を始める人にはいい出会いがありそうです。

それでは、各星座について、詳しく説明していきましょうね。

牡羊座は「低めの目標」を実現させて

牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

今月もやる気がみなぎり、パワーが溢れていいます。だからこそ気を付けてほしいのが、自分を追い込みすぎないこと。

冒頭でもお伝えした通り、今は射手座のパワーが増しています。そのせいで、牡羊座さんがもともともっている“勢い”のようなものが知らず知らずのうちに加速してしまい、何事においても、ついつい高い目標を設定してしまいがちなんです。

でも、それだと、近い将来に息切れしてしまい、結果、自分が求めるものが得られなくなってしまいます。ゴールまでの過程に小さな目標を設定して、それを積み重ねるイメージで到達を目指してみてください。特に、ダイエットや体調改善、創造的な仕事などは、高い目標を設定したせいで、自分を追い詰めてしまうということになりやすいです。

恋愛運もまずまずです。パートナーがいる人は恋愛に意識が向きにくくなっていて、そのおかげで、ぬるま湯に浸っているような、意外といい感じの関係が維持できそう。出会いを求めている人は、友達の紹介に良縁があり。「婚活している」などと積極的にアナウンスしてみてください。

牡牛座は感情の起伏のコントロールを

牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)

環境の変化があるわけでもないのに、なぜか、気持ちが明るくなったり、落ち込んだり…。それは、自分自身について、しっかり向き合おうという意識が生まれているからなのですが、想定外を潰しているうちに八方塞りを感じてしまうことも。

落ち込むことが続くようなら、いったん考えることをやめてみてください。そして、毒舌ではないお笑いや、ほっこりとしたコメディ映画など、心の闇を刺激せず、単純に笑えるものに触れてみてください。笑顔になれる時間を増やすことで、気持ちが自然といい方向に切り替わっていきます。

今月は、金運はとてもいいです。臨時収入も得られそうですし、現在、余剰貯金があり、興味を感じているのなら、投資に挑戦するのにもタイミングですよ。

心構えとして覚えていてほしいのが、「人を羨ましがらない」「過去を悔やまない」ということ。「あの人はこんなに豊かなのに、私はなぜ?」 「あの時、あんな使い方をしなければよかった」「あんな投資商品に手を出さなければ、今頃は手元にもっとお金があったのに」 などと考えてしまうと、せっかくの金運のパワーが弱くなってしまいます。大切なのは「今」です。今、手元にあるお金をどう生かすかを考えて。

恋愛運は下り坂。パートナーがいる人は、少し距離を置いてもいいかも。トラブルがあったら、“冷静に ” 話し合ってみてください。出会いを求めている人は、自分の充実に力を入れて。今月の「自分磨き」が新年の出会いに繋がります。

1 2