占い 【2月のくらげ占い 】獅子座・乙女座・天秤座・蠍座編

くらげが海中を漂うように、ふわりふわりと生きていくために役立つ星からのメッセージを届けるくらげ占い。今月もゆる~く過ごしていきましょう。

水瓶座の自由なパワーにあふれる2月がはじまりました。11日まで、太陽が水瓶座の位置に来る「エンジェルズゲート」が最大限に開いています。エンジェルズゲートとは、「宇宙から地球に降り注ぐエネルギーの門」といわれている4門(ゲート)のひとつ。

門は水瓶座、おうし座、獅子座、蠍座、それぞれの星座のまんなかに太陽が来ると開く、とされていて、開くタイミングは、日本では、立春、立夏、立秋、立冬の時期に重なります。そして、門が開くと、その星がもつエネルギーが宇宙から地球に降り注がれ、影響が強くなるという考え方です。

水瓶座のパワーは、潜在的に人を「光」の方へと導いてくれるもの。そんなエネルギーを味方につけて、前向きに過ごごしていきましょう。「“やりたくないこと”からはとことん逃げる」というのは大前提にしながらも、「“やりたいこと”をどんどんやる」というアグレッシブな姿勢をもってみてください。

水瓶座はインスピレーションなどを意味する星座で、今月前半は特にその力が強くなっています。「好き」「かわいい」「美しい」「気持ちいい」と思えるもの、ことを増やしていくと、枯れた心もどんどん耕されていきます。過去への怒り、過ぎたことへの憤りはしばらく封印。「このあと」「明日」など、とにかく未来のことだけ考えて、そのために今を過ごす……そんなスタンスをもってみてください。

それでは、各星座について、詳しく説明していきましょうね。

獅子座は「直感」と「自分のホントの気持ち」を大切に

獅子座(7月23日~8月22日生まれ)

とってもいい運気ですから、「好きにやる」で大丈夫です。自分の中で「したくないけど、やらなければいけないこと」の整理もついてきているはずです。それは「やるべきこと」としてやって、「好きなこと」「したいこと」はどんどんチャレンジしてみてください。自発的な行動によって、ラッキーの扉がどんどん開いていきますよ。ひとつひとつの事柄は、苦しい結果になったとしても、後から考えると「あのとき、あれに挑戦したから、今めっちゃ思い通りになっている」と実感できる運気なんです。想定外を潰しているうちに諦める…というのがいちばんもったいない時期です。

とはいえ、他人からの依頼や誘いは別です。「なんか、もやもやするな~」と思うことには近づかないほうが無難。乗り気じゃないことや面白くないことは、手を付けないでください。今月の獅子座さんは、水瓶座のパワーと共鳴して「虫の知らせ」ともいうべきものをキャッチする能力が高まっている。「やめようかな」と思うことは、魂が不穏な気配を感じているサイン。獅子座さんは、そういう状態になると、カッコつけてしまって、自分を鼓舞して進めようとするけれど、今月は、ナシで。

恋愛についても同様です。「ヤバい」と思った相手は、サッサと離れてください。自分の心の声にしっかり耳を澄ませて。コミュニケーション能力も「引き」の力も強くなっているので、出会いを求めている人は、ステキな相手に巡り合えるかも。

乙女座は「食」と「睡眠」をたっぷりと

乙女座(8月23日~9月22日生まれ)

穏やかな運気です。しかし、このところの世の中が暗いニュースの連続で、心と体がお疲れ気味なのが乙女座さんです。「よく寝る・よく食べる」を目標にして、とにかく「心身を休ませる」ことを心がけて過ごしてみてください。肩こりや腰痛などが気になっている人は、病院に行ったり、マッサージを受けたりして、自分のメンテナンスに注力を。

情報収集はカテゴライズされたネットではなく、テレビやラジオや新聞など、ニュートラルなものがおすすめです。そして、「このニュースを読んだら、気持ちが滅入ってしまう」と思う情報に触れたら、即シャットダウンしてください。乙女座さんはエネルギーがしぼんでしまうと、相手の要望を断ったり、自分を貫くのがしんどくなって流されてしまい、結果的にさらに疲弊してしまうというバッドスパイラルに陥りやすいんです。とにかく、「不快なもの」は遠ざけていきましょう。

寝ても食べてもモチベーションが上がらない…というときには、入浴を。湯舟に浸かって体を温め、深呼吸ー-。そのままゆっくりストレッチするのもおすすめです。「気持ちいい」ことだけしてみてください。

金運はいい感じ。神頼みでさらに金運があがるので、近くの金運アップの神社にお参りするといいかも。

恋愛運を上げるには、「顔のくすみを取る」ことが大切。毎日のマッサージを欠かさずに。

1 2