占い 【Suiの星便り】2020年下半期の運勢、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座さんに届け!

双子座さんへの手紙「深入り」

双子座さん、2020年のテーマは、『深入り』です。あなたは本来、軽快で器用な人。タスクの掛け持ちもバランス良くこなすし、人間関係の熱の入れ方も実に絶妙で、話し上手だし、自分をうまくコントロールしながら当たり障りなく、その場を切り抜けることが出来るような人です。つまり、思考回路が“クール”なのです。クールゆえに、普段は“特別扱いの存在”をあまり作ろうとしない傾向があったりもします。今年はそんなあなたが、特定の人や何かに“特別感”を見出し、どっぷりはまって、ひいては一体感を味わうようなのです。

双子座(5月21日~6月21日生まれ)

☆特別な人と絆を深める☆

「特別な存在」というのは、言い換えれば「譲れない」とか「こだわってしまう」みたいな、心が大きく反応する存在のこと。つまり、「好き」という感情に似ています。あなたにとってこの夏は特に、恋愛とは切っても切れない季節。「この人」と思える特別な存在が現れるかもしれません。最近、しつこく毎月のように書いていますが、8月初旬まで、愛と美の女神があなたの元に長期滞在しているのです。恋愛運は好調、魅力も引き立つチャンスシーズンです。公私にわたって注目されやすい時期なので、自分磨きにもいつもより少し時間とお金をかけるのも良いでしょう。

あなたは昨年頃から、交流とか連携とか「人間関係」を少し頑張って拡げたりしながら、目標に向けた山登りを本格的に始めたところなのではないでしょうか。目標に掲げるものは「趣味や仕事で叶えたい夢」の人もいれば、「生涯のパートナー探し」の人もいるでしょう。いずれにしても今年は、その山の頂に向けて、今の人間関係をさらに洗練させ、焦点を絞っていくような年になるのです。

下半期からは、山登りの頂点に見える物、つまり「目指している自分像」や「将来の目標」がさらにくっきりと描き出され、その中には誰がいるのか、というのが見えてきます。将来を描ける人、描けない人が炙り出され、ここからは、前者との絆をより深めていくのです。浅く広い関係をどんどん広げることよりも、より強く繋がっていたい人を見つけて、少数精鋭の友情や愛情をより深めていくことが今年の本丸。描いた未来を実現するためには、時に反対や批判を跳ねのけたり、抗う人を説得したり、少し戦わないといけない場面もあるかもしれませんが、必要な人との繋がりは、そんな中で強くなっていくはずです。“本物の絆”を見つけながら、理想の自分に近づいていきましょう。

 

蟹座さんへの手紙「パートナーシップ」

蟹座さん、2020年のテーマは、『パートナーシップ』です。人との繋がりを確認していくような1年です。今年の上半期、社会的に色々なことがありました。ただ、“会えない”からこそ見えた人との繋がりや愛情みたいなものが、あったのではないでしょうか。今年のあなたなら、それを人一倍感じられたと思うのです。自分よりも“身近な他者”のために愛を尽くせるようなあなたですが、ここからは少し”自分自身”にもフォーカスしながら、人との繋がりをさらに感じていきましょう。

蟹座(6月22日~7月22日生まれ)

☆肩書きを磨き上げる☆

下半期に入ると、キャリア志向なベクトルが生まれていきます。「私はこういう者です」と、初めましての人に自分を説明するとき、「もうひとつスパイスが欲しいな」と感じて、肩書きを磨きたくなるのです。特に7月中旬頃は、今の自分をがらりと変えたくなったり、もっと次のステージへ進みたい、というモチベーションが高まりそうです。ここからは、今のあなたがしっくりくるような“理想の肩書き”を目指して、目標を掲げ、邁進することになるでしょう。

目標意識が芽生えると日々が熱を帯び、嬉しい化学反応も引き起こしやすくなります。仕事上のキャリアアップを目標に掲げたなら、業務に対するモチベーションがアップして、評価に繋がりやすくなりますし、プライベートで何かを始めた場合も、充実感に満たされ、あなた自身の輝きが増すでしょう。特に、8月上旬からの約1か月は、あなたの魅力が最大限に引き出されるとき。恋の盛んな季節となる人も多いでしょう。公私ともに自信を持って、自分という存在をアピールしてみてください。

出勤→帰宅のローテーションのような日々の単調な感覚が、そうではなくなるのが下半期。自分なりの輝く道を模索し、「私はこういう者です。ちなみに、○○もしています。」と紹介できる人になって、「もう○○?すごいですね」とか、「○○ですか。面白いことをされていますね」とか、もっと興味をそそられる人にパワーアップしていくために、頑張れるのです。あなたは、人を支えることが出来る人なのですが、その分、自分を主役に置いて輝かせることは、少し後回しにしがちだったりするかもしれません。今季はいつもより少し、自分自身を主役に置いてみてください。そして、いざ自分にスポットライトが当てられたとき、「こういうことをやっているんです」と自信を持って言えるように、力強く歩を進めていきましょう。

イラスト/comi

1 2

賢人プロフィール

星のレシピ製作所Sui

上海帰り。星のレシピ製作(https://1tarot1.amebaownd.com/)を主宰。 現在銀座での個人鑑定を中心に、中国はじめ世界各国と日本双方の依頼に対応。タロット&ホロスコープ鑑定を行ない、20~40代メインに性別、人種、業界を問わず幅広いクライアントを持つ。 自身の人生経験と実績を生かして恋愛、結婚、仕事、家族の悩みに対し、1人1人と丁寧に向き合っている。チャット占いアプリ「Chapli(チャプリ)」(https://chapli.me/)でも活躍中!