占い 【Suiの星便り】2021年下半期の運勢、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座さんに届け!

星のレシピ製作所のSuiさんが、堅実女子の皆さんにお届けする星からの手紙。今回は2021年の下半期についてお届けします。

『風の時代』が本格的に幕を開けて、半年が経とうとしています。昨年から思わぬ形で移動や接触を制限された私たちは、まるで新時代に向けた準備運動のように、通信の力を借りながら “肉体”ではなく“思考”によるコミュニケーションを加速させてきました。2021年は、風の星座の中でも特に、差別を嫌い博愛で近未来体質な水瓶座が社会ムードを司るのですが、今年から注目され始めた“SDGs”なども、実に水瓶座らしい内容だったりします。無形で、軽やかで、自由な『風』の風潮は、今後さらに拡大していくでしょう。私たち一人一人も頭を柔らかくして、これに順応しなければなりません。

そして宇宙は、5月後半から7月末にかけて一時的に、水瓶座から魚座へとバトンを渡します。この時期は、“近未来っぽさの角がちょっと取れる時期”だと思ってください。想像力、共感、助け合い、優しさが社会を包み、私たち一人一人の心にも少し潤いが戻るでしょう。「予防接種のネット予約ができない高齢者のために学生バイトが予約を代行」というニュースを見ても、「あぁ、魚座にバトンが渡ったなあ」と感じる今日この頃です。

更に下半期は、星々が変則的な動きを繰り返し、頻繁に流れの変化を引き起こします。「ただ前を向いて進めば良い」というよりは、時々後ろを振り返って軌道修正したり、イレギュラーにも柔軟に対応できるような臨機応変さが、この時期の流れをうまく乗りこなすポイントとなるでしょう。逆に言えば、一発逆転のようなチャンスにも恵まれやすく、予測不能な面白さがある時期です。肩の力を抜いて後半戦に臨みましょう。

というわけで下半期は、あなたの“テーマ”にもちょっと変化があるのです。そんなことを伝えたくて、このお手紙を書きます。

獅子座・乙女座・天秤座・蠍座はコチラ

射手座・山羊座・水瓶座・魚座はコチラ

牡羊座さんの下半期は「夏本番までは小休止」

牡羊座さん、あなたの2021年のテーマは『2020年を活かし、新たなステージへ』です。昨年までに得たものを踏まえて、今年から新たな価値観や目標が芽生えた、または、新しい環境やサイクルの日々が始まったという人もいるでしょう。7月末までは一時的に、もうひとつのテーマが台頭します。それは『心の整理と小休止』です。あなたはここまで、なかなかの月日をかけて走り続けてきたと思うのです。2021年も、新しい世界に向けてアクティブに活動し続ける年なのですが、前述の期間だけは、その歩みを少し止めたくなるかもしれません。

「ちょっと疲れたな」とか「もう少しゆっくり歩きたいな」とか、いつもよりちょっと保守的な気分になるかもしれません。でも、それで大丈夫です。この期間は“小休止”を取るように自分に無理をさせないことで、あなたはパワーを充電して、8月からまた勢力的に動ける状態に整うはず。頑張れない自分、迷っている自分も、そのまま認めてあげてください。一人で家にこもって、ゆっくり心の中を整理するように過ごすのも良いと思います。「モヤモヤした気分は、真夏の到来と共に去る!」この言葉をぜひ、心の片隅で覚えておいてくださいね。

牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

恋愛運☆優しさを見せて☆
下半期の恋は「思いやり」がテーマ。自分を主軸にするというよりも、相手の気持ちに寄り添うマインドを大切にすることで良い流れを掴めるでしょう。7月は愛のムードが色濃い季節。心がワクワクするような恋愛に出会うかもしれません。堅苦しいことは考えず、直感で「好き!」と思える人との恋を純粋に楽しむことができそうです。

仕事運☆無形化、オンライン化が加速☆
下半期は、ネットワーク関連の業務に縁が強くなりそうです。例えば、手動で行っていた作業をweb化したり、苦手なシステムの操作を練習したりと、これからの時代に合わせて仕事内容の無形化、効率化ができそうです。7月後半から8月前半にかけては、自分を成長させるためのアクションにやる気が湧きそうなとき。普段は避けてきた苦手分野の業務にも、克服を目指して意欲的にチャレンジしてみてください。

牡牛座さんの下半期は「集大成の“先”を意識する」

牡牛座さん、あなたの2021年のテーマは『集大成を迎える』です。これまで積み重ねてきたことや頑張ってきたことが一定の地点まで到達して、“やり切った感”や“達成感”を味わえそうな状況の人もいるでしょう。つまり、今年のあなたは何かを『成し遂げる人』なのですが、7月末までは“その先の未来”を思い描き、計画していくことに熱がこもりそうです。例えば、山登りをしてやっと頂上が見え始めた時、人は「頂上に着いたらこんな写真を撮ろう」とか「次はあの山に登りたいなあ」とか、着いた“後”のことを想像し始めますよね。そんな風に、「ここまではいけそうだな」という予測が立った(もしくは、既に辿り着いた)ことで、その先の目標を考え始めたり、動き方を検討するような時間が生まれるわけです。

そんな時期を経て8月以降は再び、コツコツ積み重ねてきたことの“仕上げ”に入っていきます。頑張ってきたことをもう一息、悔いがないレベルまで押し上げるような作業になるでしょう。初夏に思い描いた『その先の未来』が、下半期のやる気をさらに奮い立たせてくれることでしょう。積み重ねた努力は必ず開花するはず。持ち前の着実な前進力で、あと少し頑張りましょう。

牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)

恋愛運☆初夏は流されてみよう☆
今年、恋愛は二の次かもしれませんが、7月は少し恋の動きが活発化しそうです。カップルは恋人のことで何か動きがあったり、フリーの人も、恋に大きく関わりたいタイミングではないのに外部からお誘いなどが来て、とりあえず流されるかもしれませんが、それで大丈夫。仕事など頑張っていることの息抜きを兼ねるつもりで、幅広いタイプの人と広く浅く交流してみてください。

仕事運☆アイデアが冴える☆
この夏は、アイデア力が冴えわたりそうです。いつもは思いつかない斬新な手法や発想が浮かぶ時期なので、提案すれば高く評価されるかもしれません。8月は特に好調期。あなたの才能がのびのびと発揮され、オリジナルな発想もスムーズに現実化することができそうです。自分の意見やアイデアに自信をもって、頭の中の想像で終わらせずぜひアウトプットしてみてください。

1 2