占い 【Suiの星便り】2021年10月の手紙、獅子座・乙女座・天秤座・蠍座さんに届け!

星のレシピ製作所のSuiさんが、堅実女子の皆さんにお届けする今月の星からの手紙。

木々の葉が色づく季節となりましたね。この夏は多くの星が逆行して『立ち止まり見直すこと』を促していましたが、10月からは徐々にそれも解除され、ナチュラルな状態に戻っていきます。新時代の生活様式にも慣れ始めた今日この頃ですが、そんな“ニュースタンダード”を自然体で取り込むことが今、とても大切なのかもしれません。獅子座さん、乙女座さん、天秤座さん、蠍座さんにおかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座はコチラ

射手座・山羊座・水瓶座・魚座はコチラ

獅子座さんへの手紙「人との関わりが活性化」

コミュニケーション運が活性化して、人と話す機会が増えたり、逆に声をかけられるような機会が多くなりそうです。19日までは会話上の勘違いやメールの送り間違い等のケアレスミスに注意が必要ですが、送信前にチェックをしたり、丁寧に会話を進めることでミスを予防できるでしょう。

一方2日から3日にかけては『実現力』に満ちた星模様です。ここで何か考えを行動に移すと、素晴らしい結果がもたらされるかもしれません。また、今年の夏頃からビジネスパートナーや恋人などの重要人物と、関係が思うように発展しないなどの不調に陥っている場合は、20日頃から好転が期待できそうなので、それまでは焦らずじっくり様子を見ていきましょう。

仕事は「会話と情報力を活かす」
先月に引き続き、人とコミュニケーションをしっかり取っていくことで仕事の調子を上げていけそうです。特に20日以降は話し上手になれそうな星模様。接客業や営業職など、人と会話することを主軸とした仕事は特に、調子の良さを実感しやすいかもしれません。また、有益な情報が次々に集まるような時期でもあるので、インターネット検索や人への聞き込みなどを上手に活用すると、仕事の成果に繋げることもできそうです。

獅子座(7月23日~8月22日生まれ)

☆恋は「シンプルに考えて」☆

中旬以降から恋愛好調期に入ります。恋を純粋に楽しめそうな、明るく活発な星模様です。今までとは全くタイプの違う人と交流してみるなど、愛においてちょっと“冒険”をしたくなりそうなとき。理屈よりもあなたの心を動かした人と、シンプルに愛を深めてみることが大切です。条件や周囲の評価などを気にしすぎず、あなたの気持ちが直感的に高まる恋を受け入れることで、日々が輝きを増すことでしょう。

【星のスパイスカラー】
今月の獅子座のスパイスカラーは『ゴールド×シルバー』。コンビネーションカラーのアクセサリーを身に着けると、愛の引き寄せ力が最大限に高まりそうです。

乙女座さんへの手紙「“財の形成”がテーマ」

お金のこと、資産のことなど『自分が持つ財産』について、考えたり整えたりすることが捗る時期です。貯蓄状況や給与明細を改めて見直し、修正ポイントを見つけて今のうちに計画を練り直しておくことで、今後の金運をより安定させていくことができるでしょう。特に20日以降は思考力に影響を及ぼしていた水星が落ち着きを取り戻し、あなた本来の頭のキレが戻ってきます。考える作業も効率よく進みそうなので、ここから財テクの勉強や、資産運用や投資などに挑戦してみるのも良いかもしれません。

また、あなた自身の“価値”も高めるために、収入に繋がりそうな資格や技術を学んでおくと、チャンスを掴みやすい“幸運体質”に整えることができそうです。

仕事は「財政面を整える」
先月に引き続き、仕事における金銭的な側面への意識が高まる時期です。売上げやコスト管理など、お金の流れをしっかり把握することで利益を生む仕組みに立て直すことができそうなとき。ただし、19日までは計算上のうっかりミスに引き続き注意しておきましょう。「仕事=お金を稼ぐこと」という意識が高まるこの時期はコストパフォーマンスの悪い仕事とは縁を切って、転職を考えるかもしれません。自分自身も“お金を生む状態 ”に整えていけるような、地に足の着いたアクションが取れる季節です。

8月23日~9月22日生まれ。

☆恋は「家族意識が高まる」☆

上旬は恋の状態を逆転させることもできるような、底力のある星模様です。この時期は強力な支援者にも恵まれやすく、第三者の力を積極的に借りることで恋の展開が一気に早くなるかもしれません。一方中旬以降は結婚や子供など将来のライフスタイルについて考えたり、お互いの家族のことや、住まいに関することに縁が強くなり、自然と“二人”ではなく“家”や“家族”を意識した恋となりそうです。

【星のスパイスカラー】
今月の乙女座のスパイスカラーは『パールホワイト』。パールのアイテムを身に着けて過ごすと、穏やかな愛情を引き寄せることができるでしょう。

1 2