【開運のコツ】別居していた夫の死……後悔と悲しみの毎日をどう癒せばいい?

【開運のコツ】別居していた夫の死……後悔と悲しみの毎日をどう癒せばいい?

“視える”人気占い師・流光七奈さんが、堅実女子の悩みにお答えし、開運にまつわるアドバイスをする本連載。

結婚、仕事、人間関係……何をやってもうまくいかないという女性の悩みに、流光先生がお答えします。

今回の相談者は、柳岡美和子さん(仮名・40歳・契約社員)。

「先日、夫が亡くなりました。どうやら、自死の道を選んでしまったようです。

私と夫は30歳の時に職場で出会い、結婚しました。夫からの猛アタックで、私が“持ち家がなければ結婚しない”と言ったら、夫はマンションを買ってからプロポーズしてくれました。

最初、結婚生活はうまくいっていたのですが、5年前に夫が転職し、収入が減ってからぎくしゃくし始めたのです。ローンの支払いが滞り、生活費が足りなくなり、実家に援助を頼むようになってしまいました。私は毎日、夫に文句を言っていました。

夫は仕事もパワハラ気味な職場で大変だったようで、メンタルの病と、消化器官系の病気で何度も休職していました。そんな夫に対して、私は“みんな大変なんだから、あなただけサボらないでよ”と言っていたのです。

半年前に大きなケンカをしてから別居し音信不通になっていたのですが、先日、夫が転落死したと連絡が入りました。遺書はなかったのですが、警察は“事故の可能性は低い”と言っていたので、たぶん自死などだと……。

それから、いろんな思いがよぎります。あの時、声をかけていたらとか、後悔ばかりです。どうしたらいいですか?」

流光七奈先生のアンサーは……?

1 2
恋愛講座 恋愛運 時短 キャリア 結婚 貧困女子 婚活 浮気事件簿 セカンド アラフォー 占い アラサー 金運 恋愛 アプリ 運勢 浮気 不倫 その1 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。