仕事&マネー お金のスペシャリストが選ぶ、ふるさと納税おすすめ寄付先は?~働く堅実女子が”お金”と上手に向き合う極意Vol.2

「今年こそ資産運用をしたい」「将来のお金が漠然と不安」など、“お金”にまつわるお悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。iDeCo・投資信託・ふるさと納税……どれから始めて良いか分からず足踏みしてしまう自分から今年こそ卒業したいもの!

今回、FPの荒木千秋さんに伺ったのは、ふるさと納税の注意点や還付金貯金について。荒木さんおすすめの自治体&特産品も必見です!
Vol.1~法改正後、ふるさと納税はどう変わる?~はコチラ

荒木千秋さん…三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行に勤務後、ファイナンシャルプランナーとして独立。同世代の女性を主な対象としたお金に関する個別相談やセミナーに登壇。2019年3月に、『「不安なのにな~んにもしてない」女子のお金入門』(講談社)を出版。

―前回はふるさと納税の仕組みについて解説いただきましたが、ふるさと納税をする上で気を付けるべきポイントはあるのでしょうか。

「実は、私もふるさと納税で失敗した経験があるんです。年末にかけこみ納税をして、気になる自治体の商品を頼んだら、お正月の時期に野菜やお肉などが同じタイミングで届いて……。時期をずらして利用したり、長持ちする返礼品を頼んだり、工夫が必要だと実感しましたね。そこで選んだのが、広島県熊野市の熊野筆『モテフデ+ブラシセット』です。長く使えるものですし、女性には良いですよね」

―“お金のスペシャリスト”の荒木さんが堅実女子におすすめしたい、自治体や返礼品はありますか?

「おすすめのエリアは2箇所あって、ひとつが『高知県』。高知県の返礼品には、うなぎ・野菜・豚肉などの食べ物が豊富で、とても美味しかったんです。高知県のなかでも色々な市があるので、自分の好きなエリアを探すのも楽しいですよ。もうひとつのおすすめは、やはり『北海道』。魚介類も美味しいですし、バター・ヨーグルト・ジェラートも!著書でも紹介している、北海道豊富町の牛乳ソフトクリームも美味しかったです」

―働く女性で食品をたくさん消費できない場合は、どのような返礼品が良いのでしょうか?

「食品以外だと、“買わなくちゃいけないけど、後回しになっているもの”もおすすめですね。私は生活用品をよく検索していて、昨年末はまな板と包丁を選びました。ご紹介したエリア以外にも、素敵な自治体や特産品は数多くあります。ポータルサイトで検索して、自分の応援したい自治体や思い入れのある地域の返礼品をチェックしてみてくださいね。ふるさと納税には、“選ぶ楽しさ”がありますよ」

荒木さんが手に入れた返礼品。

1 2