仕事&マネー 税金の支払いでもポイントがつく!ポイントの上手な貯め方使い方

最近はいろんな買い物がクレジットカード払いできるようになってきました。水道代や電気代などの公共料金もクレジットカード払いにすれば、ポイントとなって還元され、結果的にはいくらか割引になる場合も……。同じように税金の支払いにもクレジットカード払いでポイントが還元されるようになればけっこうお得ですよね。ですが、条件がうまくあわないとかえって損をする場合も?ここでは、税金の支払いで得をするポイントの貯め方と使い方をアドバイスします。

税金のクレジットカード払いは手数料が発生する!

税金をクレジットカード払いすると、ほかの公共料金の支払いと同じようにクレジットカードのポイントが還元されます。ですが、本来、買い物をするときに店側が負担してくれているクレジットカードの手数料が、税金支払いの場合は納税者にかかってきます。その金額は1万円ごとに78円。つまり約0.7%に当たります。そして、クレジットカードのポイント還元率はおおよそ0.5%。そうなると、クレジットカード払いで支払う納税手数料の方がポイント還元率より高いということになってしまい結果的には損をするはめに。

ですが、朗報です。もし、ここでポイント還元率が1.0%以上のクレジットカードで支払えば、それでも、1.0%-0.7%で0.2%お得になるというわけです。ポイント還元率が1%以上あるクレジットカードは、Yahoo! JAPANカードなど身近なものでまだいくつかあります。これらのポイント高還元率のカードを使うことで、税金の支払いに手数料がかかっても十分得できるということになります。ちなみにYahoo! JAPANカードはTポイントで還元されます。自分がよく利用するところのポイントを狙っていくようにすれば便利に使えますね。

納税に手数料なんてありえない!そんな時はnanacoカードが便利

いくら高還元率とはいえ、納税するのに手数料を払うなんてありえないって思う人は手数料を払わないでいい方法もあります。それが、nanacoカードを間に介入させる方法です。Nanacoカードはセブン・イレブンやイトーヨーカドー系列の電子マネーで、お金を事前にチャージして利用することができます。nanacoカードは仕組みとしては、クレジットカードからnanacoカードにチャージをして、そこでポイントをもらいます。そして、nanacoカードから税金を支払います。nanacoカードを利用した税金支払いはnanacoポイントの2重取りはできませんが、nanacoの電子マネーからの支払いなので、手数料は発生しません。

クレジットカードからnanacoカードにチャージするとクレジットカードのポイントが貯まりお得です。とはいえ、nanacoチャージ時のポイントは通常の還元率とは違う場合も。例えば、Yahoo! JAPANカードは通常のお買い物では1.0%ポイントが還元されるところ、nanacoチャージは0.5%に低くなります。ちなみに、以前は楽天カードも高還元率のカードとして、nanacoチャージの有力候補として使えていたのですが、現在楽天カードは改悪して、nanacoチャージのポイント付与は終了しています。このように変化もあるので注意も必要ですね。

1 2