仕事&マネー 稼げる人は前向き!お金が貯まる人の4つの口癖

その3「どうしたら効率を上げられるか」

お金が貯まる人は仕事好きが多いのも特徴です。たくさん仕事をこなせばそれだけ稼げるので、効率よく稼げる仕事は大好きです。そして、できればいろんな種類の仕事をしたいと思っています。それは、いろんな仕事をすることで、相乗効果を狙っているからです。仕事にすれば嫌でもその業界のことは耳に入ってくるものです。そこで、彼らはあの業界のいま不足していることを、この業界のこれで代用できないかと考えています。また、Aという仕事があったら、Bという仕事でもアレンジして使うことで、労力を少なくパフォーマンスを上げることができる一石二鳥が好きです。お金が貯まる人はいつもを「どうしたら効率を上げられるか」を口癖にして、工夫して一石二鳥になることを考えています。

その4「なるようになる」

お金の貯まる人は一方で楽天的な要素も持っています。「なるようになる」は彼らがよく使う口癖です。彼らは常に忙しくしているので、今できる精いっぱいのことをしたと思ったら、結果をドキドキ待つことはなく、さっさと次の仕事の集中します。まさに「人事を尽くして天命を待つ」といった感じです。彼らはすべての仕事が思い通りにいい結果が出せると思っていないので、確率論で勝っていこうと考えています。そこで、一つ一つの仕事を終わった後までずっと考えているということはなく、案外楽天的に「なるようになる」と捉えています。彼らにとっては、終わった後までずっと考えるのは時間の無駄で、それよりも次の儲けのために時間を割きたいと考えます。

成功する人、お金を貯められる人はポジティブな言葉遣いが多い!

お金が貯まる人の口癖は意外と楽天家で、前向きなものが多いものです。うまく行かない不安より、新しいことにチャレンジできるワクワクが優っているため、新しい仕事にあまり抵抗がありません。そうやって自分自身がスキルアップしていくのを、楽しみに感じています。だから、消費より生産することに重点を置くことができるのですね。

1 2