仕事&マネー マンション買うなら2020年の後?増税前に知っておきたい増税後の生活をお金のプロが解説〜Vol.2〜

2020年を過ぎてもすぐにマンションの値崩れはしない!?

ーーアラフォーの堅実女子の中には、マンションの購入を考えている人もいます。2020年の東京五輪が終われば値崩れすると予想し、購入を待っている人もいるようなのですが……

花輪さん:「株と違って不動産の価格変動には時差があるので、五輪が終わったからすぐ値崩れするとは考えにくいですね……それに、今あるマンションはそれなりに高いコストをかけて仕込んでいるもの。五輪が終わったからといって、大手のデベロッパーがそんなに安く売ることがあるのかなとも思います。

そして、無視できないのがインバウンド需要。東京をはじめとした日本の不動産って、世界的にみると価格も安く、とても魅力的。投資として購入して貸した場合、利回りも良いですし、流動性も高いです。私はシンガポールに住んでいるので、日本の不動産に対する海外の人たちからの熱を強く感じます。実際、東京や関西エリア、沖縄、北海道などの不動産について、よく質問されますよ。

このようにインバウンド需要で買う人もまだまだいると思うので、マンション購入を検討する際に2020年を意識しすぎる必要はないと思います」

ーー増税後の生活がイメージできると、今の過ごし方やお金の使い方、そして人生計画も変わってきますね!

堅実女子なら増税後の生活も意識しながら、賢い選択をしたいところ。

1 2