仕事&マネー 高収入者ほど節約上手?増税のタイミンングで見直したいのは携帯代

高収入者ほど節約を意識している

最近では、節約のために格安SIMや格安スマホを使っている人も少なくないでしょう。

この格安SIM・格安スマホの使用率を世帯年収別で見ると、世帯年収が1,000万円以上では43.1%の人が使用しています。ちなみに全体使用率は35.0%。このことから、高収入者ほど、携帯代に対する節約の意識が高い傾向があるといえるのです。

高収入の人ほど自分に合った料金プランを調べて、節約している……?

最近では紙の利用明細が送られてくるのではなく、自分でWeb上でチェックする必要がある場合も多いでしょう。そのため、自分が毎月携帯代にいくら支払っているかを把握していない人も少なくないかもしれませんね。

まずは利用明細や状況を確認し、不要な有料プションに入ったままになっていないかなどをチェックしましょう。そして、面倒だからとあきらめず、様々な会社のプランを比較してみましょう。また、各会社で現在の自分の状況に合ったプランを相談してみることもオススメです。

携帯代は毎月必ず支払うものなので、面倒であっても一度見直しをすれば、その後は節約効果を実感できるはず。ぜひ参考にしてみてくださいね!

まずは、携帯代が家計のどのぐらいの割合を占めているか要チェック!

【調査概要】
調査名:増税対策に関する意識調査
調査対象:全国の20〜59歳の労働従事者 合計600名
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査時期:2019年7月26日〜2019年7月28日

1 2