仕事&マネー 後々まで尾をひく可能性も!円満退職をするために気をつけたい5つのこと

4. 感謝の気持ちを伝える

最終出勤日まで社内の人たちをはじめ、取引先やお客様など現職でかかわった人たちに感謝の気持ちを伝えましょう。どんなに苦手で、もう会わなくていいと思うと清々する相手であってもです。その後の人生、またどこで会うかわかりません。大人の対応を心がけましょう。

5. 退職後もネガティブな書き込みや噂話はしない

インターネットで会社名を検索すれば、その会社についての口コミがたくさん出てきますよね。ネガティブな理由で退職した場合でも、愚痴や不満は書き込まないようにしましょう。ちょっとした内容から個人が特定されないとも限りませんし、そのような書き込みをして過去や今を変えられるわけでもないでしょう。

また、前職で知り得た情報はもちろん、そこで働いている人たちについての噂話をするのもNG。「ここだけの話なんだけど」の内容が、絶対に他に漏れないとは残念ながら言い切れないのです。

退職日までは責任を持って仕事を

「憧れの会社から内定をもらった!」
「辛かった人間関係からやっとで脱出できる……!」

転職が決まると、これからのことで頭がいっぱいになる人も多いですが、退職日までは今勤めている会社の社員であることを忘れずに。人それぞれ退職理由はさまざまでしょうが、少しでも良い印象を残せるようにしてくださいね!

退職日までその会社の社員としての責任は果たしましょう!

1 2