仕事&マネー 消費税10%はもうすぐ!お金のプロが教える、増税前の”ムダ遣い”を防ぐ「買うべきものを見極めるコツ」

美容整形やエステは9月中に前払いを!

――金額が高くて、値下げしないもの……具体的にはどのようなものがありますか?

山口さん:コンタクトレンズやビタミン剤などは、まとめて購入した方がいいですね。  その他、流行がなくて一生冠婚葬祭で使える、真珠のネックレスや印鑑もおすすめです。同じく値下げをしないものとして高級ブランドバッグやデパートコスメなどが挙げられますが、これらは必要性を十分判断してから購入するのがベター。消費増税を言い訳にした、“浪費”になってしまわないように注意しましょう。

――堅実女子が駆け込み購入を迷っているものに、エステ・美容整形・家電などの高価な商品があります。こちらは増税前に購入すべきなのでしょうか?

山口さん:病院で受ける医療費には消費税がかかりませんが、いわゆる自費診療と呼ばれるサービスには消費税がかかっており増税の影響を受けます。歯科でのホワイトニング・シミやほくろ取りのためのレーザー治療・まぶたを二重にする美容整形手術など、自費診療での医療サービスを検討されている方は、早めに予約を取った方がいいですね。

増税前に、”自分へのご褒美エステ”を予約しちゃう?

脱毛やエステも同様に消費増税の影響を受けるので、前払いや回数券制度を利用して費用を9月中に払ってしまうのがおすすめです。ただし、回数券を事前に購入する場合は要注意! サロン側は増税による消費税の差額を顧客に請求しても問題ないことになっています。購入前に差額分の請求有無を確認しておきましょう。

家電は、洗濯機、冷蔵庫など高い家電がねらい目。一つ前のモデルの在庫があれば最安値で増税前に買うチャンス。有期ELテレビは、来年の春ごろのセールでもよさそう。

ネットショッピングは配送タイミングに要注意!

――リアル店舗とネットショッピングでは、どのような違いがでるのでしょうか。

山口さん:リアル店舗で購入した場合は9月中に買ったものはすべて8%が適用されます。一方、ネットで購入する場合は配送日が9月と10月のどちらであるかによって異なります。

また、ショップによっては『〇日以降のご注文は、消費税10%が適用されます』『9月中のご購入はすべて8%適用です』など、さまざまな規定を設けているケースも。購入後のトラブルを防ぐためにも、決済前に問い合わせておくと安心ですね。

「本当に今買うべき?」と自問自答しながら、賢く購入品を決めていきましょう!

賢人プロフィール

 お金の賢人山口京子
大学時代から多数のテレビ・ラジオに出演し、現在はファイナンシャルプランナー(FP)として、情報サイトオールアバウト『家計管理』『お金美人のすすめ』執筆、テレビ、ラジオ、セミナーなど幅広く活躍中。著書に『お金持ち名古屋人八つの習慣』(主婦と生活社刊)などがある。

取材・文/山本杏奈

1 2