仕事&マネー 志望動機や学歴よりも見た目が重要! 面接は第一印象で勝負!!

就職活動、転職活動、資格試験、昇格試験など、社会人になると面接を受ける機会って意外とありますよね。そんな時、あなたはどんなことを気にしていますか? 

実は就職試験の面接の場合、一般的に「志望動機」や「学歴」「職歴」が重視されると思われがちですが、見た目などの「第一印象」が重要視されていることがわかってきました。もちろんこの結果は、資格試験や昇格試験などの面接にも共通して言えること。というわけで、以下の調査結果をご覧ください。

株式会社ジェイアイエヌが、企業採用担当者100名と、昨年5月に就職活動を終えた直後の大学生・大学院生100名に調査した結果、第一印象が面接の採否に影響すると答えた人はなんと「97%」もいることが判明。膨大な人数を面接する面接官にとって、‟第一印象”が与える影響は大きいことが明らかになりました!

就職活動や面接では個性を出そう

では大人数の中から自分をアピールするためにはどうすればいいのでしょう。実は採用担当者の半数以上(54%)はもっと個性を出して欲しいと思っていることもわかりました。一方で、「個性を出している」という人は男性で24%、女性はわずか6%程度。就職活動といえば、リクルートスーツで地味にまとめるのが一般的になっていましたが、実は目立たないのはあまりいいことではなかったようです。

data2
では実際に面接のときに「第一印象」を決定づける要素は何なのでしょう。次ページで詳しく見てみましょう。

1 2