仕事&マネー 「口座維持手数料」だけじゃない!ATM利用、携帯の解約……納得できない手数料はどれ?

ATMと窓口にも手数料……銀行のサービスはすべて有料!?

とはいえ世の経済にはさまざまな分野で、何かしらの手数料が発生します。内容によっては消費者が納得できるものとそうでないものがあるかもしれませんが、同調査によると、さまざまな手数料の中で、「納得ができないものがある」と回答した人は88.3%だそう。具体的には、どんな手数料に納得ができないのでしょうか?同調査による回答結果は次のようになりました。

携帯・スマホの契約事務手数料の意見も多数。「手数料という言葉に“やってあげている”という、上から目線の態度が見える」語る70代男性の意見もありました。

抜きでて多いのは「ATMの手数料」(73.9%)。具体的な意見としては「ATMは客が機械操作をして人件費削減に協力している行為です、無料で当然」(60代・男性)、「なんで利用者の手を煩わせておいて手数料とるの?」(60代・女性)などがありました。消費者自ら機械の操作をしているのに手数料をとられる仕組みは、確かに納得できない人が多いのも仕方がないのでしょうか?さらに銀行関連では「銀行窓口における手数料」(55.9%)も上位となっており、銀行に対する風当たりの強さを感じます。

ATMは利用時間により手数料がかわるのも納得いかない人は多いようです。

その一方で同調査では逆に、現在は無料だけれど「これは手数料を取っても良いのではないか?」と思うサービスについても調査。上位の結果は次の通りとなりました。

 

  • これは手数料を取っても良いと思うサービス

荷物の再配達……27票

救急車の出勤……17票

飲食店・ホテルなどの予約/キャンセル……11票

コンビニ・飲食店などの深夜営業……8票

 

ランクインしているのは、いずれも現在現場で働く人たちに多大な負担がかかることを問題視されていること。これらの問題が有料化することで少しでも問題解決につながるのであれば、手数料は必要なのかもしれませんね。

 

【調査概要】
調査主体 :株式会社エアトリ
調査タイトル :「手数料」に関するアンケート調査
調査対象 :20代~70代の男女1,079名
調査期間 :2019年11月21日~11月24日
調査方法 :インターネット調査

1 2