仕事&マネー 去り際もスマート!仕事がデキる人が退職するときに心がけている3つのこと

転職するために、年度末のタイミングで現在勤めている会社を退職する堅実女子もいるのでは?

中には、退職するとわかった途端にあからさまに態度を変えられたり、秘密保持上の理由から会議参加や携われる業務を制限されたりと、最終出勤日までに何かと寂しさを感じることもあるでしょう。「今までこんなに会社のために頑張ってきたのに……」とやり切れなさを感じる人もいるかもしれません。ですが、退職するときは良い印象を残して去りたいもの。職場の人たちへの感謝という意味もありますし、またいつどこで一緒になるかわからないこともあります。去り際のスマートさは、仕事がデキる人に見られる特徴でもあります。

今回は、印象良く退職するために心がけたいことをご紹介しましょう。

1. 余裕のあるスケジュール

退職願は退職日の何日前までに出せば良いかを会社の就業規則でチェックし、守るようにしましょう。

でも、「退職するといったら気まずくなりそう……報告してから退職するまでの期間を出来るだけ短くしたい」などと、1か月前に報告、うち3週間は有休消化をと考えることは控えるほうがよいでしょう。気まずさを感じる気持ちは確かにわかりますが、後に残る人たちの状況も考えることが大切です。特に繁忙期に退職せざるを得ない場合は、可能な限り早めに伝えておきましょう。

ちなみに、退職する旨を一番最初に伝えるのは「直属の上司」が一般的です。

2.最後まで仕事の手を抜かない

「もう退職するし、関係ないよね!」と仕事の手を抜くのは考えもの。仕事がデキる人は、自分が担当していることは最後まで責任を持って行ないます。このようなときこそ、その人の真の姿が見えるともいえるでしょう。それまでどんなに頑張っていても、最後が適当ならそれまでの実績や評価が台無しです。「自分にとって利益になるならやる、もう評価は関係ないからやらない」姿勢は、たとえ転職して環境が変わっても態度や言動に出てくるもの。職場での信頼を得ることは難しいかもしれません。

また、仕事がデキる人は相手の目線に立つことができるので、引き継ぎも丁寧です。自分がいなくなっても、何をどうすれば良いかをわかりやすくまとめて引き継ぎます。引き継ぎ書や残されたデータを見れば、その人の仕事の能力がわかるでしょう。

1 2