仕事&マネー 離れたいけれど離れられない……苦手な人と付き合う上での気持ちの切り替え方3つ

「なんとなく私にだけ態度が違うような気がする……」
「もしかして今のって嫌味だったりする?」

ハラスメントとまでは言えないし、その証拠もないけれど、一緒にいると辛くなる人っていませんか?何かとマウンティングしてくる人も当てはまるでしょう。“なんとなく”な感覚なので、「もしかしたら私の気のせいかも……」と誰かに相談するまでではない存在。そんな人が上司や同僚だったなら、嫌だからと離れることもできず、なんとか一緒に仕事をしていかなければなりませんよね。

ここでは、苦手な人と付き合う際に心がけたい気持ちの切り替え方のヒントを3つご紹介します。

1. 「この人は私のメンタルを鍛えてくれている」と考える

どんなにモヤモヤしていても、「どうして私にだけ態度が違うんですか!」なんて、本人に面と向かってはなかなか言えないですよね。トボけられたり、はぐらかされたりすることが目に見えています。そんなときは相手をなんとか変えようとすることよりも、自分の受け止め方を変える方が現実的かもしれません。

チクチク嫌味を言われたり、さりげなく自分だけ他の人と違う態度を取られたりしたら、「この人は私のメンタルを鍛えてくれてるんだ!」と前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

自分が苦手と感じる人はどんな組織にでも、いても不思議ではありません。今はそんな人がいなくても、新年度の異動や転職で出会ってしまう可能性もあります。受け止め方を意識して変えることで、この先どんな人に出会っても対応できる自分になるでしょう。

2. 相手のいいところ探しを意識する

苦手な人を目の前にすると、どうしても相手の欠点に目が行きがち。粗探しを始めると、ますます相手のことが苦手になってしまいます。ちなみに、自分が苦手だと思っていることは、何気ない言動や振る舞いで相手にも伝わってしまうもの。自分では悟られまいとしていたとしてもです。ますます関係を気まずくするのは、できるだけ避けたいですよね。

相手のいいところを意識して見つけることで、好きになることは難しいにしても、「こういう風に気配りできる面もあるようだ」「口はきついけれど、心は結構優しい人なのかも」などとフラットな見方をできるようになるでしょう。

1 2