仕事&マネー 長期投資の味方!女性におすすめしたい「株主優待」の楽しみ方

前回、株式を購入したら、その後は長期保有をした方がメリットを享受できる可能性が高いというお話をしました。そんな長期保有によりより高いメリットが得られる制度の一つとして、「株主優待」があります。今回は、株主優待とは何か、また株主優待を取得す方法などをご紹介します。

株主優待とは?

株主優待は、企業が自社の株式を購入してくれた投資家に対し、自社商品やサービスなどを贈る制度です。つまり「株を買ってくれてありがとう!これからも投資家でいて下さいね。」という気持ちを込めて、株主にプレゼントを贈る制度です。

株主優待をするかしないかは企業が決めることができます。そのためすべての企業が実施しているわけではありませんが、上場企業のうち約1,400社が株主優待を行なっています(2017年7月末時点)。

株主優待ではどんなものがもらえるの?

では株主優待により実際にもらえるものをチェックしてみましょう!

無添加化粧品のファンケル

無添加で肌に良い化粧品を提供するファンケル。健康食品にも力を入れており、女性の健康と美しさをサポートする人気の企業です。ファンケルの株主優待は、保有している株数によって、100株以上なら3,000円相当、200株以上なら6,000円相当の自社製品をもらうか、ファンケルを通して寄付を行うかというものです。また、ファンケルが運営する「ファンケル銀座スクエア」の利用券を選択することも可能です。

株式には最低購入単位(単元株)というものがあります。Yahooファイナンスなどを見ると、株価が表示されており、2020年2月28日時点での株価は一株2,658円です。

ところが、実際に株式を購入する場合はこの金額では買えません。通常、株式の最低購入単位は100株です。ファンケルの場合も同じですので、2,658 ×100 = 26万5,800円を支払って、100株購入することになります。そして100株保有している人がもらえる優待は、3,000円相当の自社商品あるいは寄付、または「ファンケル銀座スクエア」の利用券ということになります。

注意点として、株主優待を得るには6か月以上株式を保有していることが条件となっており、長期保有を推進していることが分かります。優待としてもらえる自社商品の中には、リンクルクリームやカロリミットなどの人気商品もあり、ファンケルの商品を日頃から利用している人にとっては、嬉しい優待の内容です。

株式会社ファンケルの株主優待詳細:自社製品または寄付、あるいは自社「ファンケル銀座スクエア」利用券
3,000円相当(100株以上)
6,000円相当(200株以上)
※6か月以上継続保有の株主が対象です

1 2