仕事&マネー 日本の金利はなぜ低い?預金でお金が増えないのは経済を強くするためだった

「銀行にお金を預けても全くお金が増えない!」こんな風に感じている人も多いことでしょう。しかし預金金利が低いのは銀行がケチだからではなく、国の経済がどのような状況であるかによって決まります。今回は金利がどのように決められていくのかをご紹介したいと思います。

どうして銀行の普通預金金利が0.001%なのか

預金金利や国債金利はどのくらい?

現在大手銀行の普通預金金利は0.001%であり、30年前に2%程度あったことを考えると、がっかりするほど低いのが分かります。「これならお金を預けていても全く意味が無いのではないか」と思ってしまいそうですが、とはいえ現金をすべてタンス預金にしておくのもリスクがありますよね。

「お金を守る」という機能を考えて普通預金を利用している人も多いはず。

普通預金よりもう少し多くかつ安全な方法で金利をもらいたいという場合、個人向け国債を検討してみる人もいるでしょう。現在の個人向け国債の金利は0.05%。元本保証といって、投資した金額は全て戻ってくることが国によって保障されていますので、安全かつ普通預金よりより高い金利を得ることができます。

現在、個人に限らず企業なども購入することができる一般的な国債の10年金利は0.011%(2020年3月29日現在)。つまり10年間日本にお金を貸しても、1年ごとにもらえる金利は0.011%しかないということです。一方で現在コロナウィルスが猛威をふるっているイタリアの10年の国債金利は2.4%(2020年3月17日)。日本にお金を貸しても全然もうからない……しかし、これには理由があるのです。

金利が低いとお金が借りやすくなる

普通預金にお金を預ければ、いくら安いとはいえ金利としてお金をもらうことができます。これは銀行にお金を貸してあげているからです。銀行は、皆さんから「預金」という形で借りたお金を使って、お金儲けをします。わかりやすい例が企業などへのお金の貸し出し(融資)です。

皆さんからお金を安く借りているため、それより少しでも高い金利でお金を貸し出せれば儲けが出ます。もし皆さんの預金金利が10%であれば、最低でも10%以上の金利で貸し出さなければなりませんが、現在のように0.01%で皆さんからお金を借りることができれば、0.01%以上の金利で貸し出せば儲けを出すことができるのです。

1 2