仕事&マネー 知らないと恥をかく敬語の使い方|メールの文末「よろしくお願い致します」は正しい?

堅実女子の皆さんは、日々オフィスやいろんな場所で敬語を使うことがありますよね。

意外と間違った使い方をしていたり……この表現は正しいと思いますか?

メール文末の文章に「よろしくお願い致します」

毎回必ず「よろしくお願い致します」って書いているけど……。

<こたえと解説>

「よろしくお願いいたします」という言葉は、日常でよく使います。お客様や上司との会話でも頻繁に使いますが、「よろしくお願い致します」とメールに書くのはNGなのです。

「何が違うの?」と思われた方はよく見てください。どこか違うと思いませんか?

ポイントは「致します」と漢字で書いてある点です。メールソフトに「よろしくおねがいいたします」と打ち込んだ場合、「宜しくお願い致します」が変換候補の最初に出てくるケースが多く、そのまま送信しがちですが、これが実は落とし穴なのです。

「致します」と漢字で書くことで、「いたします」は動詞の用法になり、「そのことが元で、よくない結果を引き起こす」という意味を含んでしまうのです。これではよろしくも何もあったものではありません。

一方で、ひらがなの「いたします」は補助動詞「する」の謙譲語・丁寧語です。ですからこちらは悪い意味にはなりません。メールでのあいさつでは「よろしくお願いいたします」と書くよう心がけましょう。

1 2