仕事&マネー コロナで中国のGDPが6.8%減…GDPのおさらいと予想される失業率

インドでは失業者が暴動

コロナウィルスへの感染拡大を防ぐため、多くの国で外出が制限あるいは禁止されています。外出できなければ、仕事を失う人が出てきます。インドでは全土封鎖が5月3日まで延期されたことで、失業した人々がムンバイ駅に押し寄せ暴動が起こりました。

「失業者」は、ここ数か月で世界的に増加すると予想されています。

世界中の労働者のうち、81% がコロナウィルスにより職場の全面あるいは一部閉鎖に直面していると言われています。今後感染拡大が長引けば長引くほど、インドのような事例が起こる確率も高まっていきそうです。

新型コロナウィルスへの対応が長期化した場合に備えよう

ヨーロッパやアメリカの状況を見ると、新型コロナウィルスの流行は今のところ収束する兆しが見えません。日本においても毎日数百人の人が感染しており、この状況が長期化するリスクに備える必要があります。自宅から仕事ができる環境の人であれば、通勤がないことで空いた時間を有効に使い、新しい勉強を始めるのも良いでしょう。また免疫力を高めるために、適度な運動を行なうのも大切です。外出を自粛しているため、無駄な出費がかからない分、万が一の場合に備えて貯蓄をしておくのも良いでしょう。

ネットショッピングは外出できないストレスを発散するのにぴったりですが、浪費につながるのでほどほどに。

そして何より、いくら退屈であっても可能な限り外出しないことが一番大切です。家で過ごす時間を有効に使えるよう、考えていきたいものですね。

文/山根ゆずか

1 2 3