仕事&マネー 裸の王様になっていない?人望がない上司の特徴4つ

「あの人に相談しても意味ないだろうな……」
「サポートを頼まれても、協力したくない」

仕事上で悩みを抱えているとき、真っ先に上司の顔を思い浮かべる堅実女子もいるのでは?そして、すぐに相談相手の選択肢から消してしまう人もいるかもしれません。

あなたが信頼できない、できるだけ巻き込まれたくないと感じている上司は、他の人も同じように感じていることが多いもの。ここでは、人望がない上司の特徴を紹介します。気がつかないうちにそうなっていないか、上司の立場にある人は要チェック!

1. 上からの評価ばかり気にする

人望がない上司にとって、自分より立場の高い人からの評価は何よりも大切。「自分は、そしてチームはどうしたいか」よりも、「自分は上からどう見られているか」を気にするので、部下は置いてけぼりになった気分になるでしょう。部下の手柄を自分のもののように、上にアピールするのもこのタイプの上司です。そして、自分の上司が変わると、言うことが180度変わったりもするので、部下は振り回されることもあります。

たとえ上からの評価は高くとも、部下からの評価は良くないので、いざ何か行動を起こそうというときに、なかなか協力を得られません。

中には、現場と上役の板挟みで難しい立場にある人もきっといることでしょう。もちろん現場の声をすべて理解し、反映するというのは現実的ではありません。ただ、気持ちの面では、上司にはいつも部下の味方でいてほしいものですよね。さりげないフォローや感謝の言葉で、そんな上司の気持ちを感じる部下は多いでしょう。

2. 自分の非を認めない

どんなに優秀で、経験が長い人でも失敗はするもの。完璧な人間などいません。前例のないことに取り掛かっているときの朝令暮改は決してめずらしくないということは、部下だって理解しているはずです。

失敗をしたとき、人望がない上司は、ごまかそうとしたり、部下に責任をなすりつけたりします。自分の非を認め、謝罪することはありません。自分の評価に傷がつくことを何よりも避けたいからです。

自己保身に走る上司ほど、部下から情けなく思われる存在はいないでしょう。

1 2