仕事&マネー SNS時代でも必須!きちんとしたビジネスメールの書き方|メールの件名(タイトル)の変え時はいつ?

Withコロナのテレワーク時代、あらためて存在感を増しているのがメールです。ビジネスメールはSNSでチャットするわけにはいきません。相手や局面にふさわしいメールの書き方、マナーを今こそ身につけておきたいものです。どんなにチャット時代になっても、それは一生の財産になるはず。『気のきいた短いメールが書ける本』(ダイヤモンド社)著者、中川路亜紀先生からレクチャーしていただきます。

第2回はメールの件名(タイトル)について。みなさんの悩みどころ「いつまでも同じタイトルに返信するのはアリ?タイトルを変えるべきタイミングはどこ?」」について、詳しくうかがいます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aac6892d242be72cc317bcf303de173c-286x300.jpg です
中島路亜紀先生。

PROFILE:中島路亜紀  1956年神戸市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社勤務を経てコミュニケーション・ファクトリーを設立。ビジネスコミュニケーション関連の著述や講演を行なっている。

用件が変わったら件名も変える

最近はチャットの習慣が普及したせいか、メールの件名をいつまでも変えないまま返信してくる人が増えました。受け取る側として、これはとても迷惑です。件名と用件が一致しないからです。いい加減な件名、いつも同じ件名のメールは急ぎの用件なのか、重要な用件なのかもわからないので、見落とされたり、「後回し」にされてしまうこともあります。

1日に多くのメールをやりとりする人にとって、受信箱を開けただけで見える件名は、中身を知る重要な手がかりです。件名が内容と合っていなければ、あとから内容を確認したいときも見つけにくいものになります。相手にできるだけ手間をかけさせないことがメールのマナーですが、そこから外れたメールになってしまうのです。

用件が変わったら、件名を変えましょう。

「自分から変えてもいいの?」と、仕事おぼえてたての若い人は思うかもしれませんが、いいのです。相手がお得意さんでも目上の方でも、用件が変わった時点で変えましょう。

同じ用件で件名を変更するのはマナー違反

逆に、同じ用件でやりとしているときは、件名を変えずに返信するのがマナーです。件名に「RE:」や{Re:}がついていれば、すでに進行中の用件であることが一目でわかり、対応しやすいからです。

また、あとから、やりとりの経過を見直したいときなども見つけやすい。件名で検索すればスレッド表示にすることもできます。このとき件名が変わっていると、見落とされてしまうかもしれません。

1 2 3