仕事&マネー ジャパンネット銀行が「PayPay銀行」に!キャッシュレス決済の名称に統一する理由

キャッシュレス決済のデメリット

便利なキャッシュレス決済ですが、ときにデメリットも……。

・使える店舗などが限られる
・災害時など、電子端末が利用できない場合は決済できない

現金と比較すれば、当然キャッシュレス決済を利用できる店舗は限られます。クレジットカードなど比較すると、QRコード決済やバーコード決済が可能な店舗はさらに限定されるでしょう。

また、キャッシュレス決済は電子端末を利用する場合がほとんどであるため、災害時など停電などにより電子端末が利用できなくなった場合は決済ができなくなる可能性があります。

政府が掲げるキャッシュレス決済の目標とは?

経済産業省が「キャッシュレス・ビジョン 」という方策をまとめ、高齢化が進む日本において生産性を上げる目的をもってキャッシュレス化を推進しています。2015年度における日本のキャッシュレス決済比率が18.4%であったなか、韓国では89.1%、中国では60%、アメリカが45%と、日本は世界の中でも非常に低い割合であることがわかります。

2025年の大阪・関西万博に向け、キャッシュレス比率を40%以上としていくことを目標に、将来的には世界最高水準の80%を目指すとしています。

お得なキャッシュレス決済を上手に活用しよう

キャッシュレス決済では、クレジットカードを紐づけることで取得できるポイントが倍になるなどお得な利用方法がたくさん用意されています。「PayPay」では、マイナポイント事業に「PayPay」を紐づけることで最大100万円があたるキャンペーンを実施。8月31日まで有効です。

自分に合ったサービスを選んで、賢くキャッシュレス化を進めましょう。

キャッシュレス決済を利用する際は、自分の行動範囲や良く行く店舗を見直し、自分にとって最もお得なサービスを選ぶと良いでしょう。

文/山根ゆずか

1 2