仕事&マネー 半沢直樹にも通じる!予測困難な世界を生き抜くために必要な「アート思考」や「VUCA」な世界とは?

堅実女子のみなさん、「VUCA」という言葉をご存じですか?

「VUGA」は予測が困難である社会や経済の状況を表した言葉で、2016年に世界国際フォーラム(ダボス会議 )にて“VUCAワールド”という言葉が用いられ話題となりました。今回は、VUCAの意味やVUCAな世界を生き抜くために必要な能力について考えてみたいと思います。

VUCAの意味とは?

VUCAは4つのキーワードの頭文字を取った言葉です。ひとつひとつ見ていきましょう。

「V」は、Volatility

Volatilityは、「変動性」という意味の単語です。不安定さ、移り気なと言った方がわかりやすいかもしれません。様々な技術やサービスが生まれる現代では、大きな変化が起こっています。たとえば、株式投資。かつては証券会社を通じ、ある程度まとまった資産を運用するために行なうのが普通であった株式投資も、今ではスマホ1台で数百円、あるいは「おつり投資 」などを利用して数円単位で投資を行うことが可能になりました。

「U」は、Uncertainty

Uncertaintyは、「不確実性」という意味の単語です。新型コロナウイルスの終息がまだまだ見えない現在において、不確実性を実感するのは非常に容易でしょう。新型コロナウイルスの深刻さや死亡率、人への感染方法などがまったく分かっていなかった頃に感じた得も言われぬ感情が、まさに「不確実性」であったのです。

それ他、地政学的にも常に不確実性をはらんでいます。アジア圏でも、韓国との不和や中国との領土問題など、経済とは別のところに潜んだリスクを抱えているのです。

「C」は、Complexity

Complexityは、「複雑性」という意味の単語です。グローバル社会においては、国・人・仕組みが複雑に絡み合っています。外国の企業が日本でビジネスを行なったり、逆に日本の企業が外国でビジネスを行なったりすることは珍しいことではありません。労働力も同様で、インターネットが発達したことにより、世界中どこでも仕事ができるという人も増加しています。

中国で初の感染者を出した新型コロナウイルスにおいても、のちにヨーロッパやアメリカがより多くの感染者を出したことを考えると、人の移動がいかに複雑に交差しているかが分かりますね。

「A」は、Ambiguity

Ambiguityは、「曖昧性」という意味の単語です。現代における曖昧性の例としては、一般人と芸能人との関係性が挙げられるでしょう。インターネットで多くの人が情報を得たり発信したりできるようになったことで、一般人がYouTubeなどを通じて有名人になったり、有名人がインスタグラムを通じて一般人と交流したりと、両者の垣根が曖昧になっています。

また、「仮想通貨」は国家を超える通貨として、国家間に横たわる金融政策などの垣根を曖昧にしています。

1 2