仕事&マネー ヨガウェア「ルルレモン」の株価がすごい!上昇の理由を調べてみた!

ヨガウェアを販売する、カナダ・バンクーバーに本社を持つ「lululemon athletica inc.」(以下ルルレモン)。ヨガ好きもそうでない人も、一度はショップを覗いたことがあるのではないでしょうか?

現在、ルルレモンの株価が2019年初頭の約2倍まで大きく上昇しています。今回はルルレモンについて、そのコンセプトやビジネスモデル、株価上昇の理由を調べてみました。

ルルレモンとは?ビジネスモデルを解説

ルルレモンは、カナダのヨギー(ヨガをする人)であるチップ・ウィルソン氏が1998年に立ち上げたブランド。“女性のお尻をカッコよく見せるヨガウェアを開発しよう”という想いがブランド立ち上げの発端だったそうです。

ルルレモンが広く認知されるようになると同時に、アメリカではレギンスが日常的に着用されるようになり、スポーツウェアとしてだけでなくアクティブな人の普段着のひとつとなりました。

ルルレモンは、ヨガのアクティブさ、健康志向、同時に存在する心の平穏などをアパレルに持ち込み、ブランドのイメージを確立していきました。現代の健康志向もマーケティングが成功した大きな理由と言えるでしょう。今ではヨガだけでなく、ランニングやその他のスポーツを楽しむ健康的な人々に広く愛されており、ライフスタイルそのものを反映しています。

また、スポーツウェアだけでなく、通勤やフライト時に心地よい、軽くて透けにくい素材を利用したアパレルも展開しています。また、女性向けだけでなく男性向けのアクティブなウェアも人気が数多く展開しており、海外戦略と併せて今後の売り上げアップの要として力を入れています。

ルルレモンの株価を見てみよう

2007年に上場したルルレモン。ルルレモンの8月20日終値は366.42ドルでした。以下のチャートをご覧ください。

参考:yahoo finance(https://finance.yahoo.com/quote/LULU?p=LULU)
参考:yahoo finance(https://finance.yahoo.com/quote/LULU?p=LULU)

上のチャートが上場から現在までの株価の動き、下が過去6か月間の株価の動きです。今年の3月23日から今月10日までに97%も株価がアップしました。同じ期間に米国の株式市場であるS&Pは47% の上昇であったことを考えると、平均の約2倍も価格が上昇したことになります。

新型コロナウイルスへの感染拡大により、大きく値を下げた株式市場が値を戻すタイミングと重なったとはいえ、平均を大きく上回っていますね。その理由とは?

1 2