仕事&マネー 職場に落ちているゴミを拾う人が「仕事ができる人」である3つの理由

3.細かなことに気がつく

自分自身や周りを追い詰めてしまうほどの完璧主義だったり、細部にこだわりすぎるあまり、期限を守れなかったりするのは考えものですが、仕事ができる人は、丁寧な仕事をする人が多い印象がありませんか?細部の抜け漏れやミスがないか、きちんと目を通しているのです。

反対に、「どうしてここが間違っていることに気がつけないのだろか……」という人も中にはいます。他の人ならダブルチェックで対応できでも、その人の場合はそれ以上の回数のチェックが必要になるかもしれません。この人の仕事はチェックに時間がかかりそうだと、新しい仕事をお願いするのをためらってしまうこともあるでしょう。

ゴミ拾いも同じこと。目の前にゴミが落ちているのにかかわらず、通り過ぎるあなたを見て、「どうしてそこにゴミが落ちていることに気がつかないだろうか……仕事も雑なのかな」と思われているかもしれませんよ!

当たり前のことを当たり前にする

ゴミを拾って、ゴミ箱に入れるなんて、そんなの当たり前のことだという人もいるでしょう。しかし、自己中心的な人や損得勘定で動く人は、人が見ているかそうでないか、評価されるかされないか、によって対応を変えます。これはゴミ拾いだけでなく、挨拶もそうでしょう。

ゴミを拾うという行為を通して、綺麗好き以上の性格が見えます。

当たり前のことを当たり前に。仕事ができる人は、この部分をきちんと押さえている人なのです。

1 2