仕事&マネー もっと評価されてもいい人なのに…チームに欠かせない人の特徴3つ

3.緩衝材的な役割をする

「現場の声を全然反映してくれない……」
「本当に上層部に働きかけてくれているの?」

現場と上層部の間に入っている上司を見て、そう思う人もいるかもしれません。何もしていないように見えるかもしれませんが、実はその存在自体が意味のあることだったりします。板挟みになって耐える、調整することって、誰にもできることではないのです。

組織の規模や社風にもよりますが、もしも上層部が現場に直接指示をするようになったら、もっと現場は混乱するかもしれません。

「何もやってくれない」と思い込むのではなく、感謝の気持ちを持って、上司との話し合いに挑んでみてはいかがでしょうか。

また、中には、事あるごとにメンバーの意見に反対をしてきたり、突っ込んできたりする人もいます。それは、より深い議論や考えを出すために、あえて行なっていることもあるでしょう。

もっと周りに目を向けてみよう

人には得意・不得意があります。仕事で活躍していることが一目で分かる人もいれば、なかなかその能力が評価されるまで至らない人もいるかもしれません。テレワークだと、その傾向はより強くなる可能性もあります。

同じような人たちだけいても、チームは強くなりません。お互いを認め、感謝しながら、苦手なことを補っていけるような関係を築いていきたいものです。

1 2