仕事&マネー もう騙されたくないっ!”人を見る目がある”人の特徴4つ

「こんな人だとは思わなかった!」
「信じていたのに……!」

仕事や恋愛等の人間関係で、こんな風に思った経験がある人も少なくないのでは?今回は、人を見る目がある人の特徴を挙げてみます。

私って人を見る目がないのかな……。

1.肩書きだけで判断しない

仕事の関係において、現在の肩書きはその人の努力の積み重ね。ビジネスパートナーとして見るときに、決して無視できない要素でしょう。しかし、それだけで判断することはリスクを伴います。

実務能力が低くても、周りを巻き込む力が高かったり、運に恵まれたりしたことで、今の肩書きを手に入れた人もいるでしょう。また、マネジメントをする立場にいるからといって、マネジメントが得意というわけではない人も多いです。

逆に、その人の性格やタイミングの問題で、肩書きはないけれど、実務能力の高い人だってたくさんいます。

その肩書きだけを見て、その人となりを判断するのは危険。人を見る目がある人は、表面的なことだけでなく、その人の振る舞いや、他の人に対する態度など、総合的に見るよう心掛けているのです。

2.人に騙された経験が豊富である

人を見る目がある人は、自分のことを人を見る目があるとは思っていません。何度も騙され、失敗した経験があるからです。耳障りの良い言葉をそのまま受け入れることなく、そうでなかった場合のシミュレーションを考え、代替案を用意しておくことを常に忘れません。

しかし、自分が疑われているなんて知ったら、たいていの人はいい気分にはならないですし、相手に不信感さえ抱くでしょう。人を見る目がある人は、そのような素振りを見せることなく、自然に行なっているのです。

1 2