仕事&マネー 出る杭は打たれる……。優秀な人が潰されてしまう職場の特徴3つ 

「うちの職場、優秀な人から辞めていくんだよね」
「期待されて入社したあの人、もう辞めちゃったんだって」

そんな声を職場でよく聞く堅実女子もいるのでは?

もちろん、周りからの期待が大きすぎて自分を追い込んでしまった、そもそもその組織と相性が合わなかったなど、その人自身の問題もあるでしょう。でも、職場が人材を潰すこともあるのです。

今回は、優秀な人材が潰されてしまう職場の特徴を挙げてみます。

優秀な人は見切りをつけて転職を決めるのも早いです。

1.マウンティングしてくる上司の存在

組織で働く以上、上司からの評価は無視できないもの。そんな中、優秀な部下と張り合おうとするマウンティング上司だったら、やっかいです。部下の提案を理由を明らかにすることもなく却下したり、成果を認めなかったり……。仕事を教えない、重要な連絡をわざとその部下にだけ伝えないといったこともするかもしれません。

そんなマウンティングしてくる上司は、自分自身が評価されることを何よりも望むので、周りが部下のことを褒めるのをおもしろくないと感じるでしょう。

「こんな上司の下にいたら、潰されてしまう!」自分の状況を客観的に把握できる人は、さっさと転職してしまいます。

2.「互いに譲り合う」協調という名の馴れ合い

成果主義の導入など、評価制度を見直している企業は多いものの、雰囲気としては「出る杭は打たれる」感じが残っている職場は少なくありません。いつも同じ人ばかりが注目される、新人がいきなり抜擢されるといった出来事に敏感に反応する人もいるようです。

そんなときに持ち出されるのが、互いに譲り合い、協力し合う “協調” 。

「どうしてあの人だけ……。優秀なのかもしれないけれど、不公平では?私たちはみんな頑張っているのに」ということです。

組織で働く一人ひとりの頑張りを認め、評価するのは大切なこと。ただし、それが抜きん出た人が出ないようにするなど、ネガティブな予防線になっている職場は、優秀な人には居づらいのです。

1 2