仕事&マネー 知らないと恥をかく敬語の使い方|「考え直させてください」は正しい!?

堅実女子の皆さんは、日々オフィスやいろんな場所で敬語を使うことがありますよね。

意外と間違った使い方をしていたり……この表現は正しいと思いますか?

一度提出した企画に迷いが生じて「考え直させてください」

やっぱりもう一度考え直したい。「考え直させてください」はアリ?

昨日が締め切りだったので上司に送った企画書。一晩考えた結果一度取り下げたいと思い「考え直させてください」とお願いしたのだけれど……。

<こたえと解説>

この場合「考え直させてください」という答え方は、どちらかといえばNGです。

「考え直させてください」と丁寧に伝えているので間違いではありません。しかし、あなたは締め切りぎりぎりに提出しており、それを取り下げることは、全体のスケジュールに影響を及ぼすことになります。

上司との関係にもよりますが、ここは本当に申し訳ない気持ちを伝えるため

「昨日お送りした企画書は、再考させてください」

とするとよいでしょう。

「再考」という言葉を使うことで、デキる自分をアピールすることにもつながるかもしれません。渋い顔の上司も「わかった、1日あげよう」と言ってくれる可能性が高まるのではないでしょうか。

「考え直す」のような副詞を改まった言葉にすることで、敬語はブラッシュアップされます。

・書く → 記入する

・頼む → 依頼する

・忘れる → 失念する

最初は難しいかもしれませんが、使っていくうちに慣れると思いますので、積極的に使ってみてください。

1 2