仕事&マネー さっき同じこと伝えなかったっけ……?無駄なメールのやりとりが多い人の3つの特徴

コロナ禍により、対面でのコミュニケーションの機会が減って、オンラインツールを使って仕事相手とやりとりすることが増えた堅実女子も多いでしょう。そんな中、メールやチャットでは「なかなか相手に伝わらない」「無駄に何回もやりとりをしてしまう」と悩んでいる人もいるのでは?その原因はもしかしたら、あなた自身にあるかもしれません。

今回は、メール下手な人の特徴を挙げてみます。自分に当てはまるところがないか、チェックしてみてくださいね!

何回同じことを説明させれば気が済むの…?

1.相手の立場になっていない

素人相手に専門用語、お客様相手に社内用語を連発していませんか?意味を確認する手間がかかって受け取る相手はストレスを感じてしまいますし、お互いに無駄なやりとりが増えてしまいます。

中には、難しい言葉を使っている自分に酔いしれているだけの人もいるようです。しかし、相手の立場を考えず、ただただ自分中心に仕事を進めようとする人は、相手に威圧感を与えるだけ。仕事ができない人の典型です。

面倒だなと思う人もいるかもしれませんが、最初にしっかりと説明に時間をかけるようにしましょう。その方がその後がスムーズに進みますし、コミュニケーションミスを少なくできるはずです。

2.すべて時系列、ただただ長い

頭の中にあることをすべて書かなければ気が済まない人で、起こったことを時系列に並べる人もいます。読む側も、メール、ましてやチャットで長い文章を読むにはそれなりの集中力を要するもの。

時系列にただ並べられただけの文では、何を言いたいのかを理解するのも大変。友達同士で取り留めのない話をするのとは違うのです。仕事では、報連相など、何か伝えたいことがあるからメールやチャットをするのですよね。

結論を先に書いたり、箇条書きにしてポイントを整理したり。コミュニケーションは、自分の考えを表明すればいいのではありません。相手に伝えるという視点を常に忘れないようにしましょう。

1 2