仕事&マネー 知らないと恥をかく敬語の使い方|「課長にお伝えしておきます」は正しい!?

堅実女子の皆さんは、日々オフィスやいろんな場所で敬語を使うことがありますよね。

意外と間違った使い方をしていたり……この表現は正しいと思いますか?

クライアントからの要望について「課長にお伝えしておきます」

メールのやり取りでの敬語も要注意。

クライアントとメールのやりとりをしていたら、追加の要望が。そこで「課長にお伝えしておきます」と返信したのだけれど……。

<こたえと解説>

「課長にお伝えしておきます」という答え方はNGです。

ここでの「お伝えしておきます」という敬語はクライアントではなく、課長に向いたものになります。課長は社内、すなわち内側の人ですからクライアントと話す場合には敬語は不要です。

また、課長というのは社内での肩書ですので、名字で〇〇、あるいは「課長の〇〇」とします。

ですので、ここでは「(課長の)〇〇に伝えておきます」が正しい表現です。

こうした、社内(内側)で必要な尊敬語を、外向きの場合は謙譲語にしなくてはならないことは忘れがち。つい社外の人に上司のことを敬った表現で伝えてしまうことは、よくあるミスです。

たとえば次のような例もあります。

× 専務も資料をご覧になりました

○専務の△△も拝見いたしました

反対に、敬語を使うべき外部のかたに対して謙譲語を使ってしまうケースもあります。

× 貴社の××さんが申されていました

○貴社の××さんがおっしゃっていました

こうした内と外の使い分けは、急いで話さずゆっくり考えながらであればミスも減ります。あせらず正しい表現を行いましょう。

1 2