仕事&マネー 働く女子が元本保証で預けるなら、ネット銀行や財形貯蓄の利用がおすすめの理由

働く女性が貯蓄する際におすすめの、通常より金利の高いネット銀行をご紹介するとともに、「まず預ける資金がない」「働いているのに中々貯蓄が貯まらない」というときに使いたい、財形貯蓄制度の魅力について解説します。

たくさん貯めると人生も開ける

金利が高い!元本保証で預けるならネット銀行

大手金融機関の金利がゼロ金利導入で非常に低くなっています。また、新しく銀行口座をつくる預金者を対象に大手では口座管理料を導入する予定です。

利回りを求めると、株式や投資信託などの運用が考えられますが、結婚、住宅購入などが控えているなか運用して資金が変動してしまうと、いざ資金が必要となったときに困ります。

そこで、少しでも金利が高く、元本が割れない運用として、金利の比較的高いネット銀行に預けるのがおすすめです。少しでも預けている間利息を受取ることができます。また、条件を満たせば振込手数料が無料になることもあります。

以下が金利の高いネット銀行になります(金利は2020年11月時点)。

■あおぞら銀行BANK支店(普通預金金利0.2%)
・あおぞら銀行のネット専用支店であるBANK支店限定で0.2%の高い金利で預け入れ可能
・ゆうちょ銀行、セブン銀行ATM出金手数料無料

■楽天銀行(普通預金金利0.02%)
・楽天カードの引落しを楽天銀行にすることで、楽天市場のポイント倍率が+1倍になる
・楽天証券口座を開設し連携すると普通預金金利が0.1%に
・給与受取りで他行振込手数料が月3回無料に
・楽天Payに入金可能
・残高、取引回数の条件を満たさないとATM出金手数料がかかる

■オリックス銀行(普通預金金利0.01%)
・eダイレクト定期預金年0.25%(満期6ヶ月から5年まで)と高い金利
・キャッシュカードが発行されないため現金の出金ができず、生活資金の預け入れは不向き

■SBJ銀行(普通預金金利0.02%)
・韓国「新韓銀行」の日本現地法人、金融庁の許可を受けている日本の金融機関であるため、預金保険制度の対象
・キャンペーンで定期預金0.35%(新規口座開設者)
・セブン銀行、イオン銀行、E-netコンビニATM 月10回まで入出金手数料無料
 ゆうちょ銀行、みずほ銀行 ATM 月3回まで入出金手数料無料

例えば、SBJ銀行の定期預金に100万円を3年間預けると、税引き後の利息は3年で8,340円となります。

それに対して、100万円ではなく10万円を預けると3年預けても834円にしかなりません。

大きな資金が貯まっている人はより高い利息を求めてネット銀行に預けるのが有効ですが、まだまとまった資金が貯められていないという方は会社の財形貯蓄制度などでまず貯めるのがおすすめです。

1 2