仕事&マネー あ~こんな会社辞めたい!と思うのはどんなとき?「仕事量の多さ」や「理不尽な扱い」よりも多かった理由

終わらない仕事、クレーム処理、感情的な上司……「こんな会社、もう辞めたい!!」
堅実女子のみなさんも、そんふうに思う瞬間があるのではないでしょうか。

もう嫌だ~!そんな瞬間ありますよね。

株式会社ビズヒッツが働く男女1000人を対象に実施した調査によると、「会社を辞めたい」と思ったことがある人は88.9%(1,000人中889人)と、全体の約9割にのぼることがわかりました。どのようなときに「会社を辞めたい!」と思ったのでしょうか?

会社を辞めたいと思うとき1位は……

辞めたいと思う理由は、「職場の人間関係」と「待遇」の2つが大きく関わっているとわかりますね。

会社を辞めたいと思ったことがある889人に「どんなときに会社を辞めたいと思うか」聞いたところ、1位は「職場の人間関係が悪い(206人)」、2位は「理不尽な扱いや叱責を受けた(188人)」でした。
以下「仕事量や残業が多い/休みが取れない(131人)」「給料が安い/ボーナスや昇給がない(104人)」と続きます。
トップ3について詳しくみていきましょう。

1位:職場の人間関係が悪い

・女性ばかりの職場で、表面上は仲が良いが裏ではその場にいない人の悪口ばかり(30代 女性 学童指導員)
・人間関係の陰湿さを感じる。仕事でぼろぼろになった上で、人間関係で更にストレスが溜まると本当に辞めたくなる(30代 男性 看護師)

いじめや無視といった直接的な被害があるケースのほか、陰口が多く陰湿、女性のマウント合戦、サボっている人がいてイライラするなど、さまざまな声があがりました。
苦手な人とはできるだけ距離をおきたいところですが、仕事上そうもできないのがツライところですね。

2位:理不尽な扱いや叱責を受けた

・上司から理不尽な理由で叱責され、パワハラまがいの恫喝を受けたとき(30代 男性 事務職)
・上司の失敗を「昇進にひびくから、今回はお前の過失にしてくれ!」と無茶苦茶な理由で押し付けられたとき(30代 女性 事務職)

上司の機嫌が悪いと当たり散らされる、ミスを自分のせいにされるなど、理不尽な扱いや叱責を受ける人は少なくないようです。
なかには、「気に食わないからと仕事を回してもらえなくなった」「関係を拒んだら無視されるようになった」などのハラスメントを受けている人も。

3位:仕事量や残業が多い/休みが取れない

・仕事量が多く終電ですら帰宅できなかったとき。休みなしで2週間連続勤務をしたとき。徹夜で仕事をしたとき(30代 女性 システムエンジニア)
・毎日深夜まで残業。先輩や上長も同じ状況なので、一生このままかもと思い、辞めたくなる(30代 男性 営業職)

残業や休日出勤が常習化し、疲れ切っている人も多数。やるべき仕事があるのは幸せなことでもありますが、体力がもたない、精神が摩耗してしまうほどの仕事量なら、上司に改善を求めたり転職したりすることも検討するべきです。

同じことを思ったことがある、そんな堅実女子も少なくないと思います。
会社を辞めたいと考える人が多いなかで、「それでも辞めない理由」についても聞きました。

1 2