仕事&マネー アナログ女子でも大丈夫!「ふるさと納税」の仕組みと始め方をわかりやすく解説

ふるさと納税って、確定申告が必要で仕組みも複雑なんでしょ?というイメージがあるかもしれません。

確定申告しなくても、書類を郵送するだけで手続ができる方法もありますよ。

返礼品何にしようかな?

ふるさと納税の仕組みを簡単に解説

ふるさと納税は、収入に応じて決められた上限額までなら、【地方自治体に寄付した金額-2,000円】の金額が翌年6月以降の住民税から毎月控除されます(次に紹介するワンストップ特例制度の場合)。

例えば、年収300万円の方なら約28,000円寄付することができ、2,000円を差し引いた26,000円分が住民税から差し引かれるので、翌年6月~翌々年度の5月の毎月の住民税が約2,000円程度減ることになります。

そして、28,000円の寄付に対して30%程度の8,400円相当額の返礼品を受取ることができます。返礼品には、肉、魚、野菜、果物などの地域の特産品があります(被災地の寄付等は返礼品がありません)。

ふるさと納税、確定申告不要の3条件

ふるさと納税をして確定申告をする必要がないのは、「ワンストップ特例制度」を利用する方法です。

以下の条件に該当すればワンストップ特例制度を使って、書類のやりとりだけでふるさと納税をすることができます。

① そもそも確定申告が不要であること

年収が2,000万円を超える、自営業である場合確定申告が必要です。また、住宅ローン控除を初めて受ける年も確定申告が必要になります。確定申告をすると、ワンストップ特例制度が無効になります。

② 1年間の寄付先が5自治体以下

同じ自治体に複数回寄付した場合は1自治体とみなされます。

③ 寄付した後に寄付毎に申請書を提出していること

寄付の度にワンストップ特例申請書を寄付した自治体に提出する必要があります。

申請書は寄付時に申請書を希望するにチェックを入れると、寄付後に自治体から送付される「寄附金受領証明書」に添付されています。

住所や名前など必要事項を記載し、マイナンバーカード、またはマイナンバー通知カード(通知カードは追加で身分証のコピーが必要)のコピーを添付して(どちらもない場合は個人番号記載の住民票の写しと身分証のコピー)、自治体に郵送すれば申請完了です。

申請書を無くした場合はふるさと納税の寄付サイトからダウンロードすることが可能です。

ふるさと納税簡単5STEP

① ふるさと納税サイトで、シミュレーション、返礼品を検索

ふるさと納税サイトでどれだけ寄付できるか自分の寄附金額をシミュレーションしてみましょう。

今年の12月に発行される源泉徴収票を見ながら、「控除額の詳細なシミュレーション」でシミュレーションします。源泉徴収票の見方は難しいですが、サイトでどの部分を入力すれば良いのか画像付で説明されているので、指示通りに入力すれば間違いありません。

寄付可能金額が分かったら、その金額を目安に返礼品を探してみましょう!

<ふるさと納税サイト>

・ふるさとチョイス

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | お礼の品掲載数No.1 (furusato-tax.jp)

・ふるなび

ふるさと納税サイト【ふるなび】Amazonギフト券 コードがもらえる! (furunavi.jp)

・楽天ふるさと納税

【楽天市場】ふるさと納税|はじめての方でも簡単!納付先の自治体、寄付金の使い道が選べ、お礼の特産品や税金の控除もうれしい「ふるさと納税」 (rakuten.co.jp)

・さとふる

【さとふる】ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト (satofull.jp)

② 目当てのものがあったら、サイトに登録

サイトによって返礼品の種類は様々です、お目当ての返礼品があるサイトに会員登録します。

③ 寄付する(カートに入れる)をクリック→クレジットカード決済

寄付するときに、「ワンストップ特例制度申請書を希望する」にチェックを入れましょう。

クレジットカード決済後の領収書は、必要になることはありませんが念のためとっておくのがおすすめです。

④ 返礼品を待つ

返礼品によってはすぐ届かないこともあります。

⑤ 寄附金受領書、ワンストップ特例申請書(寄附金税額控除に係る申告特例申請書)が届く

寄附金受領書は大事にとっておきましょう。

申請書、本人確認証のコピーは忘れずに自治体に返送します。このとき、封筒と切手の貼付けが必要です。

<返送するもの>

・寄附金税額控除に係る申告特例申請書

・マイナンバーカードのコピー

ない場合はマイナンバー通知カード+運転免許証、パスポートなどのコピー

さらにない場合は、マイナンバー記載の住民票+運転免許証、パスポートなどのコピー

・封筒(切手の貼付を忘れずに)

申請書は寄付した年の翌年1月10日までに必着している必要があります。

ふるさと納税は、確定申告しなくても書類のやりとりだけで簡単にできるので、是非ふるさと納税をしてみて返礼品を受取って地域を応援しましょう。

文/大堀貴子
フリーライターとしてマネージャンルの記事を得意とする。おおほりFP事務所代表、CFP認定者、第Ⅰ種証券外務員。