仕事&マネー 貯金も知識もない!節約も苦手……そんな働く女子必見の、新しいお金の使い方とは?

「いつ、何が起きるかわからない……」

コロナ禍をきっかけに、今後のことを改めて考えるようになった堅実女子も多いのでは?職を失ったり、大幅な収入減を経験したりして、お金の備えの大切さを実感した人は少なくないはず。フリーランスという不安定な立場にある筆者もそんな一人です。
また、日本全国どこで地震が発生してもおかしくない状況に加え、近年は台風や豪雨などの災害も気になりますよね。

そんな将来に不安を抱いている堅実女子におすすめの本があると聞き、早速読んでみました!

何があっても、お金の備えがあればひとまず安心。

今からでも遅くない!「貯金ゼロ、知識ゼロ、節約ゼロ」からお金を貯めるには?

今回読んだのは、『「貯金ゼロ、知識ゼロ、節約ゼロ」でも大丈夫! “もしも”に備える新しいお金の使い方』 。著者はファイナンシャルプランナーで、社会福祉士でもある清水香さん。清水さんは財務省の地震保険制度関連の委員も歴任されているそう。

本はタイトル通り、お金の知識が全くない初心者や、今まで何も備えてこなかった人が、一歩踏み出すための実用的な内容です。

念のため、“お金のことはこれから勉強していきたい”というレベルの後輩(社会人生活半年ちょっと)に本書を読んでみてもらったところ、「一度もググったり、読み返したりすることなく全部読むことができた」とのこと!

ちなみに筆者のお金に関する知識は、自分でも個人年金保険に加入している程度。全くの初心者ではないと思います、おそらく。そんな筆者でも、この本を読んで初めて知った・考えさせられたことがたくさんあったので、全くの初心者だけでなく、すでに知識があり行動を起こしている人でも、役に立つ内容だと思います。

ここからは、本の一部をピックアップしていきます!

ムダな支出→貯金なら、節約ゼロ!

「お金貯めなきゃ……」と思いつつ、日々の生活にいっぱいいっぱいで、節約も貯金も全然できていない堅実女子も多いのでは?交際費や美容代は自己投資。そう簡単には削れないというのが働く女子の本音かもしれません。それなら、まずは支出を見直して、ムダな支出を洗い出し、それを貯金に変えましょう!例えば、払いすぎている保険料やケーブルテレビの通信費など、見直せる支出は意外とたくさんあるのです。

とはいえ、何をどのくらい削減すればいいのか、よくわからない人も少なくないはず。本書では見直しのポイントや方法も詳しく説明しています。無意識の出費を見つけられるかも!

1 2