仕事&マネー なんかあの人怖い……。気づかぬうちに新人に圧を与えている人の3つの特徴

年明けから、職場に新しい仲間を迎える堅実女子もいるのではないでしょうか。新人さんに早く馴染んでもらえるよういろいろと工夫をしている人も多いことでしょう。

しかし、そんな努力とは裏腹に、なかなか親しみを感じてもらえない人もいます。例えば、気づかぬうちに圧を与えている人。肩書きや顔の作りとは関係のないところで、威圧感を与えてしまう人がいるのです。ちなみにここでいう圧とは、威厳ではなく、横柄さということ。

今回は、相手に圧を与えてしまう人の特徴を挙げてみました。思い当たることがあれば、あなたは相手に横柄な人と思われているかも……。自分は大丈夫か、チェックしてみてくださいね!

1. とにかく自分の意見を通したい

「私の方が先輩なんだから、最終的には優先してくれるだろう」
相手の事情を推し量ろうともせず、自分都合でタイトなスケジュールを組んだり、無理難題を押し付けたりしていませんか。多少の無理を言っても、合わせてくれるはずという甘えがあるのでしょう。確かにあなたの方が忙しくてなかなか時間を確保できなかったり、優先度の高い仕事をしているのかもしれません。でも、相手のことを考える余裕もない状態なのでしょうか。

自分の思い通りに物事を、そして人を動かしたい。そんな自己中心な考えの持ち主は、どんなに笑顔で柔らかな口調で話していても、相手に圧を与えてしまうのです。

2.自分の方が上だと分からせたい

何かにつけて社歴の長さや過去の実績を話題に挙げずにはいられない状態になっていませんか。特に、優秀だと期待されている新人さんを前にすると、焦りからアピールしたくなってしまう人もいるでしょう。別名、マウンティングとも呼ばれる行動です。

「自分の方が上」だとわざわざ言われなくても、新人さんは自分の方が後輩だということをわかっています。それなのに敢えて強調されると、圧に感じてしまうのです。

マウンティングしてしまうのは、自分の自信のなさの表れ。「負けられない!」と思うなら、社歴の長さや過去の実績ではなく、これからの仕事で勝負しましょう。

1 2