仕事&マネー どの会社も「求職者に寄り添う」とは謳っているけれど…信頼できる転職エージェントの見分け方3つ

今後のことを考えて転職を視野に入れている堅実女子もいるのでは?中には人材紹介会社の利用を検討している人もいるでしょう。

どんなに実績豊富で、満足したという口コミがたくさん見つかる人材紹介会社であっても、そこに在籍する担当エージェントがすべて質の高いサポートを提供できるとは限りません。

今回はキャリアコンサルタントの経験と資格を持つ筆者が、信頼できる転職エージェントの見分け方をご紹介します。

1.業界や企業をよく理解している

人材紹介会社のサービスに登録すると、求職者の経歴や希望に合った担当者がつくことが多いですが、その経験の豊富さは人によって異なるもの。求人票に書かれていることをなぞるだけの説明では、精通しているとはいえないでしょう。

業界や企業をよく理解している転職エージェントは、企業の経営課題や職場の雰囲気、将来性など、現場のリアルな状況を把握しています。採用企業の担当者や社内の法人担当者との連携がしっかり取れているからです。

ポジティブな面もネガティブな面も伝えてくれるので、入社後の「こんなはずではなかった!」というミスマッチを少なくできます。

2.紹介求人への応募を強要しない

ほとんどの人材紹介会社では「求職者に寄り添ったサポートをする」ことを謳っていますが、中には求職者の希望と関係なく、とにかくたくさんの求人に応募させようとする転職エージェントもいるよう。人材紹介会社は、人材を入社させることで採用企業から報酬を得るビジネスモデルであることが影響しているのでしょう。

現実問題として、求職者の希望を満たす求人がない場合もあるでしょうし、その求職者の経験やスキルでは希望を叶えることは難しいことだってあるでしょう。でも、信頼できる担当者は求職者の希望を頭ごなしに否定するのではなく、まずはきちんとその想いを受け止めます。そして客観的に置かれている状況を伝え、その求人を紹介した理由を丁寧に説明してくれるでしょう。「なぜ希望とこんなにかけ離れた求人を私に紹介するの?」と疑問に思ったら、その理由を転職エージェントに聞いてみましょう。納得できる説明もなく、求人を紹介し続けるなら、あなたには合わない転職エージェントかもしれません。

1 2