仕事&マネー 知らないと恥をかく敬語の使い方|「来週はどういたしますか?」は正しい!?

堅実女子の皆さんは、日々オフィスやいろんな場所で敬語を使うことがありますよね。
意外と間違った使い方をしていたり……この表現は正しいと思いますか?

会議の予定を決める際に「来週はどういたしますか?」

リモートワークになったので週次の会議をひとつ追加。けれどそれほど話すこともないようなので、来週も必要なのか疑問に。上司に「来週はどういたしますか?」とたずねたのだけど……。

<こたえと解説>

「来週はどういたしますか?」という聞き方はNGです。

「いたす」は「する」の謙譲語です。自分がどうするかをうかがうときには「来週はどういたしましょうか」でかまいませんが、上司がどうするかをうかがうときには使ってはいけません。

「する」の尊敬語は「される」「なさる」ですので、

この場合は

来週はいかがされますか。
来週はいかがなさいますか。

と聞きましょう。

尊敬語と謙譲語の使い分けは敬語の基本ですが、どうしても間違うことが多いものでもあります。結局は慣れることが必要ですので、積極的に使ってゆくとよいでしょう。

さて、予定しているウェビナー(webで行うイベント、セミナー)の大枠が固まり、集客用のサイトのデザインも固まりつつあります。進捗を聞いた上司に「どんなデザイン?」と聞かれました。

「いま拝見されますか?」
とあなたは上司にたずねました。これもNGです。

「拝見」は「見る」の謙譲語ですので、上司に使うと大変失礼になってしまいます。
正しくは下記です。

「いまご覧になりますか?」
「いまご確認されますか?」

「見る」の尊敬語は「ご覧になる」です。また、確認のために見たいという場合であれば「ご確認」を使ってもよいでしょう。

1 2