仕事&マネー 結婚後も仕事をしたい女性8割に対して、結婚後の共働きに「賛成」の男性は9割!

結婚後、仕事を続ける人、離れる人、その選択はさまざま。多くの働く女性が「結婚」と「仕事」のバランスを考えたことがあるのではないでしょうか。そこで、マッチアラーム株式会社が独身女性953名、独身男性2028名を対象に実施した、恋活・婚活に関する調査結果をご紹介します。独身男女の結婚観とは?

独身女性の約8割が「結婚後も仕事をしたい」

20~30代の独身女性953名に「結婚後、仕事をしたいですか?」と質問したところ、79.3%の人が「はい」と回答。大多数の女性が結婚後も仕事を続ける意思を持っていることがわかりました。

「はい」と回答した人からは、「共働きじゃないと不安」、「将来何が起こるかわからない」など将来に不安を抱えた意見が多くみられ、「仕事にやりがいを感じているから」、「経済的に自立はしていたいから」など現代の働く女性を象徴する声も。

一方で、「いいえ」と回答した人からは、「育児に専念したい」、「家庭の事を優先したい」といった意見が大多数を占めました。

「はい」と回答したひとは
・「今の時代、専業主婦では生活はやっていけないと思う」(女性/20代半ば/和歌山県)
・「一生続けたい仕事なので」(女性/30代前半/大阪府)
・「家計のためと自分の自由にできるお金を確保するため」(女性/30代前半/東京都)
・「家庭以外の人間関係を無くしたくないから。」(女性/30代半ば/愛知県)
・「将来的に子供育てることを考えて少しでもお金を貯めておきたい」(女性/20代後半/神奈川県) など

「いいえ」と回答した人は
・「家庭と仕事の両立が大変そう」(女性/20代半ば/栃木県)
・「家事で精一杯、旦那と子供に愛情を注ぎたい」(女性/30代前半/福岡県)
・「母も専業主婦だから」(女性/20代後半/愛知県)
・「自分の子どもは自分で見たいから」(女性/20代半ば/東京都) など

▼独身男性はどう思っている? 次のページでチェック

1 2