仕事&マネー 知らないと恥をかく敬語の使い方|「なるほどです」は正しい!?

堅実女子の皆さんは、日々オフィスやいろんな場所で敬語を使うことがありますよね。
意外と間違った使い方をしていたり……この表現は正しいと思いますか?

わからないことを教わり「なるほどです」

新しくなった社内システム。マニュアルを見たけれどよくわからないので上司に聞いたところ、わかりやすく説明してくれたので「なるほどです」と口にしたのだけれど……。

<こたえと解説>

「なるほどです」という言い方はNGです。

「なるほど」という言葉はよく使いますが、「なるほどです」という言い方では軽く感じられますし、なにより丁寧ではありません。そこでこの場合は

よくわかりました、ありがとうございます。

と伝えましょう。「なるほど」と納得して感嘆する気持ちもわかりますが、「よくわかりました」と理解したことを伝えるのも大切。さらに「ありがとうございます」と感謝の気持ちを付け足すとさらによくなるでしょう。

もし「なるほど」を使いたいという場合には

なるほど、よくわかりました。ありがとうございます。

と、最初に付け加えるのであれば問題ないでしょう。ですが、やはり「なるほどです」と「なるほど+です」という若者言葉的な使い方は避けましょう。

説明してもらって大体のことはわかりましたが、まだ少し不明な点があるあなた。確認しようと
「A欄の入力取り消しってこのボタンで合ってますか?」
と聞きました。

「○○って」という表現は、会話の中によく出てくるものですが、敬語としてはNGです。
「○○については」
あるいは単に
「○○は」
としましょう。

「取り消したいときは、こちらのボタンで合っていますでしょうか」
とすればきれいな問いかけになります。

きれいな問いかけをしてみませんか?
1 2