仕事&マネー あなたは「貯められる女」?それとも「貯められない女」?

年末年始は何かと出費がかさむ季節…節約や貯金を心がけるものの、なかなか難しいですよね。しかし!「貯められる女」と「貯められない女」の違いは収入額ではなく、日々の生活習慣や、お金の管理意識から生まれているのです。あなたはどちらのタイプに当てはまりますか?(チェック数の多いほうがあなた自身のタイプの傾向になります)

節約意識はあるのについつい浪費
あなたは「貯められない女」タイプ?

ファッション
 春にはパステルカラーの服に目移り。やや高めのブランドを好み、ネイルなどにも凝る。
通信費
 契約時に勧められるがままのプランを継続。毎月いくら引き落とされているかわからない。
ご馳走になったら
 浮いたディナー代を念頭に、デパ地下スイーツやワインショップをふらふら。
貯金方法
 お金に余裕があったら貯金しようと考える。普通口座に何となく貯まったら定期預金へ。
キッチン
 使いこなしてないのに、見た目で。ルクルーゼ、ストウブなどを揃えているのに使っていない。
ランチ
 おにぎり2個の時もあれば、1000円超えの豪華ランチの時も。バランスより気分重視。
飲み物
 コンビニや自動販売機でジュースやお茶をつい買ってしまう。ペットボトルの紅茶の味に詳しい。
買い物
 お買い物は「出会い」。「SALE」「限定」といった言葉に弱い。同じものを2つ買うことも。

 

使う時、シメる時の判断にブレがない
あなたは「貯められる女」タイプ?

ファッション
 服はサイズの合った定番もの、トレンド感は小物で。黒や紺など使い回しが利く色を好む。
通信費
 自分に合った過不足ない料金プランに変更したり、割引キャンペーンをこまめにチェック。
ご馳走になったら
 帰宅したらすぐに「つもり貯金」でご馳走になったディナー代を貯金する。
貯金方法
 給料日の天引きスタイルで積み立てなどを続けている。普通口座には月々の生活費のみ。
キッチン
 ツールは使い勝手と収納スペースで選ぶ。調味料も最低限でドレッシングは手作り。
ランチ
 日替わりで違うおかずなどを入れ、健康や美容にも気を使った<美>弁当が基本。
飲み物
 お気に入りのタンブラーを持参。中身は自分で入れたコーヒーやフレーバーティーなど。
□ 買い物
 自分の持っているものを把握し「必要なもの」をチョイス。衝動買いはしないよう心がけている。

kenjo_1118

参照:『Suits』2013年春号 P.10~11 「お金を増やす<美>習慣」

 

思い当たるところはありましたか? 1年の締めくくりに、自分のタイプを知り、これまでの収支のバランスを見直してみましょう。2014年は「貯められる女」に!!