仕事&マネー 「部下のやる気を奪う上司」が伝えそびれている3つのこと

もうすぐ4月。新年度から新しく部下や後輩を持つようになる人もいるのでは?上司としての仕事のひとつに、部下のやる気を引き出し、目標達成の道筋をつけるということがあります。

もちろん、上司と部下も人間同士。相性もありますし、こうすれば必ずやる気を引き出せるという方法はありません。しかし、自分では気がつかないうちに相手のモチベーションを下げていたら、もったいないですよね。

ここでは、部下のやる気を奪う上司が伝えそびれていることを挙げてみます。

1.仕事を任せる意味

仕事を任せれば「信頼されている」と感じ、部下のモチベーションは上がるもの。そう思って「丸投げ」にならないよう気をつけながら、部下に仕事を任せている人も多いでしょう。しかし、ここで問題なのは、仕事の振り方です。

できるだけ各々のメンバーに不公平を感じさせないよう、仕事を振り分けている人も多いのではないでしょうか。実際は一人ひとりの能力や適性に合わせているため、平等でないにしても、です。このように、あなたとしては良かれと思ってしていることでも、逆効果になる場合があります。ただ仕事を振り分けるだけでは「仕事を押し付けられている」と感じる人がいるのです。

加えたいのは、「どうしてその人にお願いしたいか」や「その仕事の意味」を伝えて納得感を持たせること。仕事を押し付けられていると感じている人も納得感を持てれば、ネガティブな印象を抱くことは少ないでしょうし、もっと仕事を任せてもらいたいと思う人なら、ますますやる気が出るでしょう。

2.決断の背景

言っていることが次々と変わる朝令暮改。そんな上司に振り回され、もうついていけないと感じている人は少なくありません。

ただし、朝令暮改が悪いこととは一概には言えないもの。変化のスピードがはやい分野に携わっている人たちにとっては、組織の方向性が変わることなんてしょっちゅうあることでしょう。そんなときに「ついこの前、決定したばかりだから」と変化することをためらっていたら、組織の存続危機にさえ陥るかもしれません。

大切なのは、その決断の背景にあることを伝えること。どうしてそのような決断をしたのかを伝えなければ、「上司や上層部のただの気まぐれか」と部下のやる気は下がってしまいます。納得感を持てれば、各メンバーの方向性も一致しますし、そのことで状況がよくなると思えば、やる気だってみなぎってくるでしょう。

1 2