仕事&マネー 信頼されている上司は口にしない、3つの「できない」

会議やプレゼンのときなど、人前に立つときにどんなに「リーダーシップのある上司」を演じていても、普段口にする言葉でその人の本質が見えることがあります。

今回は、信頼されている上司は口にしないフレーズを挙げてみます。

1.あの人は “仕事ができない”

「あの人、ほんと仕事ができないよね……」
本人が目の前にいるいないにかかわらず、信頼されている上司は、決してこのセリフを口にしません。「仕事ができない人」なんて、いないことを知っているからです。

どんな人にでも得意・不得意なことはあるもの。ある人は、決められたことを正確にスピーディーに対応することは得意でも、新しい企画を考えるのは苦手かもしれません。その逆も然りです。その人に向く仕事であれば力を発揮できますが、向かない仕事であれば本人の努力だけでは成果を出すことが難しいこともあるのです。だから、「仕事ができない人」というレッテルを貼るようなことはしません。

どうしても使わざるを得ないときは「仕事ができない」のではなく、「この仕事に向かない」という表現を使います。

2.そんなこともできないの?

試行錯誤してもなかなかうまくいかなかったり、そもそも知識も経験もないのに任せられたり。そんなときに「そんなこともできないの?」なんて上司に言われたら、部下だって「何もわかっていないくせに……!」と言いたくなるでしょう。自分のことを理解しようともしない相手を信頼するなんて難しいものです。

上司の立場から見ると、内容によっては「そんなこともできないの?」と思わず言いたくなることもあるでしょう。しかし「そんなこと」のレベルは人それぞれ。自分の物差しですべてのことを測ろうとしない、相手の立場を考えようとする上司は、部下から信頼されます。

1 2