仕事&マネー セゾンカード「永久不滅ポイント」で投資ができるって知ってた?

主にセゾンカードで貯めることができる永久不滅ポイントは、有効期限がないことが最大のメリットです。今回は、その永久不滅ポイントで投資できるサービスをご紹介します。

貯めたポイントをさらにどうやって増やすのかな?

永久不滅ポイントを運用で増やすことができる?

永久不滅ポイントはセゾンカードでの決済等で貯めることのできるポイントで、有効期限がないことが最大の特徴です。

決済金額1,000円につき1ポイント貯めることができ、1ポイント→5円程度の価値となります。

永久不滅ポイントは、ショッピング決済だけでなく、永久不滅ポイントの公式サイトサービスで貯める |セゾンポイントモール (a-q-f.com)でアンケートに答えたり、セゾンポイントモールを経由してインターネットショッピングしたりすることで増やすことができます。

中でも、ポイントを使って運用するポイント運用サービスの利用者数は50万人にも上っています。

永久不滅ポイントを運用で増やすことができるポイント運用サービスは、セゾンが運営する永久不滅ポイント運用サービスと、大和証券グループのCONNECTが運営する「STOCK POINT for CONNECT」があります。

この2つのポイント運用サービスについて詳しく解説していきます。

永久不滅ポイント運用サービスを詳しく解説

永久不滅ポイントを運用できるサービスはセゾンの永久不滅ポイント運用サービスとSTOCK POINT for CONNECTがあります。共通点は両者とも本来資産運用に必要な口座開設が必要ないことです。大きく異なる点として、セゾンの永久不滅ポイント運用サービスが投資信託の運用を中心としているのに対して、STOCK POINT for CONNECTは株式の個別銘柄で運用します。

株式への投資は、トヨタ自動車、JALなどそれぞれの企業が発行している日本の株式を購入し株主になることです。株主になることで、会社の業績に応じた配当金を毎年株数に応じて受取ることができます。株主優待といって企業が自社製品等のモノを株主が受取ることができることもありますが、株主優待のほとんどが100株以上から権利があるため、ポイントだけの投資の場合100株に達するのは難しいでしょう。

株主優待を受取るためには本当の投資で100株買う必要があります。株式投資は個別企業に投資することになるため、その企業の業績により株価が変動し、次に紹介する投資信託に比べると価格の変動が大きくなり、ポイントも変動します。

一方、投資信託は1銘柄の株式だけでなくあらゆる複数銘柄を決まったテーマ(日本株、米国株など)の範囲内で運用します。株式のような配当金がでないことがほとんどですが、株式に比べるとあらゆる銘柄に投資していることから株式への直接投資とり変動幅が小さく、日本だけでなく海外にも投資ができます。変動幅は株式よりも小さくなるものと考えられますが、変動しないわけではないため当然ポイントが減る可能性もあります。

セゾン 永久不滅ポイント運用サービス(投資信託中心)

投資信託を中心とした運用ができ、投資信託コースは6つのコースから選ぶことができます。また、株式コースなら個別企業3銘柄から選ぶことができます。

永久不滅ポイントを100ポイント単位でポイント運用口座に交換して、1ポイントから下記2つのコースを選んで運用することができます。永久不滅ポイントに戻すには再度交換が必要になります。

<投資信託コース>

・アクティブコース
・バランスコース

アクティブコースは株式比率多め、バランスコースは債券比率多めに運用します。

この2つのコースはダイワのファンドラップというAIが自動で運用するロボアドで運用されています。投資信託にかかる管理費用とは別にロボアドにかかる運用手数料が1%かかっているため、コストが高めです。

・資産形成達人コース

アメリカ、ヨーロッパ、日本、新興国など世界企業の株式に投資します。

・グルーバルバランスコース

海外株式と海外債券に投資するコースです。債券は株式に比べると変動幅が小さいため、海外株のみに投資するよりもリスクを低減することができます。ただし、海外株、海外債券ともに為替変動があるため円高になると損をします。

・日本株(TOPIX)コース

日本の大企業が上場している東証一部の銘柄を指数化したTOPIXに連動します。

・アメリカ株コース

アメリカの大企業500銘柄で構成されるS&P指数に連動して価格が変動します。

<株式コース>

株式コースは、永久不滅ポイント1ポイントをストックポイント4ポイントに交換して下記銘柄に投資します。実際の株価に応じてポイントが変動しますが、実際の株主になったわけではなくポイントが1株あたりの株価の価値に達すると本当の1株の株主になれます。本当の株主となれば株数に応じて配当金が受け取れます。

・カルビーSP
・日清食品SP
・ホンダSP

1 2