仕事&マネー 「渋々」か「喜んで」か。仕事を頼まれたときの感じ方が違う3つの理由

チームで働く以上、メンバー同士お互いに対する思いやりは大切にしたいもの。フォローが必要な人がいれば、率先して手伝うことを心がけている人も多いでしょう。

しかしながら、仕事の手伝いを頼まれたときに「なんだか巻き込まれた感がある……」「あんまり気が進まないな」と思ってしまうケースもあるのではないでしょうか。

今回は、どこからその感情の違いは出てくるのか、例を挙げていきます。

1.仕事を頼んできた人の普段の態度の違い

他人が大変なときは、いつも見て見ぬふりをしたり、何かと理由をつけて逃げたりするのに、自分が大変になると、当たり前のように周囲に助けを求めてくる人がいます。そんな人を見て「都合良すぎでしょ」と思わず巻き込まれたと感じてしまう人は多いのではないでしょうか。

一方で、いつも周りに対する気遣いを忘れない、大変そうな人には自ら声をかけているような人なら、「今度は私が力になりたい」と思うものでしょう。

仕事は「何をするか」だけでなく「誰とするか」も大切だと言えます。

2.負担の違い

なぜかフォローで入った自分の方が、仕事の量や難易度を考えると、負担が重いような気がする……。専門だからお願いしたいなどの説明も特になく、サブ担当だと思っていたのに気がついたらメイン担当になっていたということも。

そして、成果はまるで自分だけの力で勝ち取った、失敗は任せたあの人の責任だ、なんて態度を取られたら、もうこれは完全に巻き込まれた、都合のいいように利用されたと思ってしまいますよね。

複雑で時間のかかる仕事の方を他人にお願いするときは、理由の説明と感謝の言葉を忘れないようにしたいものです。

1 2