仕事&マネー 仕事が速い人が、心がけている4つのこと

「仕事ができる人」の特徴のひとつに、仕事が速いことがあります。どんなに完成度の高い仕上がりでも、毎回のように締め切りに間に合わない人には、なかなか安心して仕事を任せられないもの。その案件に関わる人数が多ければ多いほど、迷惑がかかることがあるからです。

また、仕事が速いと、余った時間で内容のブラッシュアップや、プラスαの対応をすることができます。

今回は、仕事が速い人が、心がけていることを挙げていきましょう。

いつも時間がなくなる……という人は要チェック!

1.仕事の全体像を把握する

最初に、その案件にかかりそうな時間や流れをイメージします。優先順位を決められるので、基本的に先着順で仕事に取り組むことはないでしょう。締め切り間際になって、重要な対応がまだ残っている!なんてことはありません。

そして、社内外の協力が必要になりそうと思ったときは、その準備も進めます。そうすると、実際に協力が必要になったとき「お願いできる人がいない!」という事態が避けられますし、対応可能かの返事待ちで仕事を中断しなくても済むでしょう。

また、あらかじめ必要な時間やお願いする内容を相手に伝えられる気遣いもできます。仕事ができる人は、誰にとっても時間は大切なものということをよく理解しているのです。

2.人間関係を良好に保つ

前項とも重なりますが、どんな仕事でも、自分一人だけで進めることはできません。社内外のメンバーの協力があるからこそ、スムーズに進められるものです。仕事が速い人は、キャパオーバーになりそうだと感じたり、締め切りや期待された内容を守れない思ったりしたときは、周りに協力をお願いできる人でもあります。他のメンバーからフォローをしてもらうためには、日頃の人間関係を大切にしていることが必要です。

感謝の気持ちを伝えることはもちろん、困っているメンバーがいたら、率先してフォローすることで、仕事をスムーズに進めることができるでしょう。

1 2