仕事&マネー 貯金が全然増えない……。生活費の簡単な見直し方と上手に節約する方法とは?

貯金が全然増えない!と悩んでいる人は、自分の日々の生活費をちゃんと把握していますか? まずは今の状態を見直してみることから始めましょう。

節約は続けられることからやってみよう

家計を見直すには、まず家計簿をつける

昨年度、全然お金を貯めることができなかった人は、なぜ貯められないのか、原因を探ることが必要です。それには大まかでいいので、どの項目にどれだけ使っているかを把握すること。

一番いいのは家計簿を付けることなのですが、ノートにレシートを貼ったり、こまごまと書いたりするのは、日々忙しいと中々続きませんよね。そこでおすすめなのが家計簿アプリの利用です。スマホでアプリをダウンロードすると無料で利用できるものがたくさんあります。

家計簿アプリは、主にMoneyForward(マネーフォワード)、Moneytree、Zaim等があり、クレジットカードやSuicaなどの電子マネーと連携すればクレジットカード決済での利用は入力作業不要で自動入力されます。また、銀行口座と連携させることで引落しやATMによる引き出しも把握することができます。アプリを使えば手間なしで家計を把握することができるのです。

家計簿をつけていくと、月あたりどの項目にどのくらい使っているかが分かってきます。項目ごとの金額をノートやエクセルに書き出してみるとわかりやすいでしょう。

このように項目別に分けてみる

上記のようだと、毎月マイナス2万円となっており、年間24万円のマイナスでボーナスまたは貯蓄からマイナスを補わなくてはならなくなります。

そこで、どこかの項目の支出を減らすことができないか検討します。外食、中食を控えて食費を1万円減らすことや、携帯料金の見直しまたは格安スマホに切り替える、美容や衣服はもう少し安いものにできないか、など検討します。無理をした節約は続かないので、食費にしても簡単に作れるキットや割安な宅配弁当等を利用するなど、自分が無理なく続けられそうなものにします。

受け取れるものは受け取る

節約も大事ですが、受け取れるものは受け取ることが大事です。

受け取れるお金は、待っていてももらえるものではなく、自分で手続きをしないと受け取れないことがほとんどです。

例えば、将来の収入を上げるために資格取得を目指すなら「教育訓練制度」があります。資格取得等のために支払った入学金や受講料の20%または40%分がハローワークから支払われる制度で、支給限度額は10万円(40%の場合は20万円)で最低金額は4,000円からとなります。教育訓練制度を受けるには、住んでいるところにあるハローワークで受給資格確認、申請を行います。

また、会社員であれば会社で奨励している資格を取ると報奨金が受け取れるなど、会社から受け取れるお金もあるので、社内制度もよく知っておくことも重要です。

知らないことで損をしてしまうことも多々あるので、気になればインターネットで調べる、区役所などの公共機関や社内の福利厚生課に聞いてみるなど調べることも大切です。

貯められるようになったら運用も考えてみよう

毎月貯められるようになってきたら、その一部を投資に回すのも手です。

毎月一定金額で投資信託を買うつみたてNISAがおすすめです。

つみたてNISA口座は、積立により金融庁指定の投資信託を購入すると、利益が非課税になる口座で、証券会社だけでなく銀行でも始めることができます。

毎月何をいくら買うかを決めておけば、あとは自動で引落し積立をしてくれるので手間がかかりません。長期で置いておくことが損をせずに利益を上げるコツであるため、忙しくてもほったらかしで大丈夫です。

昨年度全然貯められなかったと言う人は、まず家計を見直して原因を探り貯められる生活にしていきましょう。

さらに投資について知りたい女子に!
おひとりさま女子向けの堅実投資入門

「結婚したいけど、もししなかったら……?」「シングルの人生を謳歌したいけど将来は……」「今の夫と別れたら……」そんな漠然とした不安を抱えている女性は多いと思います。時代の変化も激しいので未来のことはどうなるかわかりません。ですが、備えあれば憂いなしです。将来のために今できるコトからコツコツ着実に進めてみてはいかがでしょうか?  本書では堅実女子向けの投資信託、iDeCo、ポイント投資に絞って解説。 オススメです!

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

詳細はコチラ
https://www.shogakukan.co.jp/digital/09D091500000d0000000

文/大堀貴子
フリーライターとしてマネージャンルの記事を得意とする。おおほりFP事務所代表、CFP認定者、第Ⅰ種証券外務員。@DIMEでは主に投資関連の記事を執筆中。