仕事&マネー 実は意外と知らない!?分割手数料が抑えられるおすすめクレジットカード5選

このクレジットカードなら分割手数料が抑えられる!

分割手数料が低いクレジットカード5枚(ランキング)

5位/Tカードプラス(アプラス発行)

Tポイントをメインに集めている方やTSUTAYAをよく利用する方に選ばれている年会費無料のクレジットカードです。発行はアプラスとポケットカードから選ぶことができます。ポケットカードと選んだ場合は自由返済型リボ払いカードとなるので、いつも通りのクレジットカードが良い方はアプラスの方を選びましょう。分割手数料が低めに設定されていたことに親切心が感じられます。

10万円を6回の分割にした場合の合計手数料(12.23%)は3,600円で、毎月17,200円の支払いとなります。(初回のみ17,600円)

<参考>
・3回払いの合計手数料(10.76%)は1,800円、毎月33,900円の支払い。(初回は34,000円)
・10回払いの合計手数料(12.88%%)は6,000円、毎月10,600円の支払い。

4位/NTTグループカード

NTTグループカードは年会費無料(※)のクレジットカードで、申込時にキャッシュバックかポイントかを選択できるようになっています。あまり名前を聞かないクレジットカードかもしれませんが、NTTファイナンス(NTTグループ)が発行している信頼ある1枚です。
※Web明細の場合のみ年会費無料。

10万円を6回の分割にした場合の合計手数料(11.75%)は3,450円で、毎月17,200円の支払いとなります。(初回のみ17,450円)

<参考>
・3回払いの合計手数料(10.25%)は1,710円、毎月33,900円の支払い。(初回は33,910円)
・10回払いの合計手数料(12.25%%)は5,700円、毎月10,500円の支払い。(初回は11,200円)

3位/イオンカード

イオンモールやマックスバリュでも知られるイオンで、お得に使えるクレジットカードと言えばイオンカードです。年会費無料ながらディズニーデザインが選べたり、主婦の方でも申込できたりする内容に親近感が持てます。所有者の多くが女性ということで、利用のしやすさにもこだわりがあり分割手数料も低めに設定されています。

10万円を6回の分割にした場合の合計手数料(11.43%)は3,360円で、毎月17,200円の支払いとなります。(初回はのみ17,360円)

<参考>
・3回払いの合計手数料(10.05%)は1,680円、毎月33,800円の支払い。(初回は34,080円)
・10回払いの合計手数料(12.04%%)は5,600円、毎月10,500円の支払い。(初回は11,100円)

2位/クラブ・オン/ミレニアムカード

年会費無料のクラブ・オン/ミレニアムカードはどこで決済しても有効期限のない永久不滅ポイントなのが魅力です。ポイント移行が苦手な方や有効期限を忘れてポイントを失効させてしまう方にはピッタリ。利用客目線の分割手数料の低さにも注目です。

10万円を6回の分割にした場合の合計手数料(10.3%)は3,030円で、毎月17,100円の支払いとなります。(初回のみ17,530円)

<参考>
・3回払いの合計手数料(9.0%)は1,500円、毎月33,800円の支払い。(初回は33,900円)
・10回払いの合計手数料(10.8%%)は5,020円、毎月10,500円の支払い。(初回は10,520円)

1位/高島屋カード

年会費は初年度無料、翌年度から2,200円の高島屋カードですが、分割手数料がクラブ・オン/ミレニアムカードと同率のため、日常使いにも向いています。

10万円を6回の分割にした場合の合計手数料(10.3%)は3,030円で、毎月17,100円の支払いとなります。(初回のみ17,530円)

<参考>
・3回払いの合計手数料(9.0%)は1,500円、毎月33,800円の支払い。(初回は33,900円)
・10回払いの合計手数料(10.8%%)は5,020円、毎月10,500円の支払い。(初回は10,520円)

1枚目のTカードプラスとクラブ・オン/ミレニアムカード、高島屋カードを比較しただけでも、10万円6回払いの手数料に570円の差がでます。

6回の分割手数料平均は13%台が多いので、Tカードプラス(12.23%)、NTTグループカード(11.75%)イオンカード(11.43%)、クラブ・オン/ミレニアムカード(10.3%)、高島屋カード(10.3%)のように13%を切るクレジットカードは多くはありません。
※分割による支払いはクレジットカードにより初回のみ少し多く取るところもあります。

分割の利用が今後ありそうだと思う方やそのときに備えておきたいという方は、高島屋カードかクラブ・オン/ミレニアムカードをサブカードに持つのが良いでしょう。高島屋の利用がないという方はクラブ・オン/ミレニアムカードが年会費無料なので持ちやすいです。

分割手数料はどれも同じではないのでチェックしておこう

女性の利用が多い印象があるクレジットカードでも、エポスカードやセゾンカードのように分割手数料は3回でも10回でも一律して15%としているものもあるので、利用前には必ず確認してみてください。

分割手数料が高いなと感じたときは、分割で利用せず一括払いにしましょう。分割は2回までは手数料を取らないところが多いので、2回払いまでならOKなど自分でルールを決めるのも大切なことです。

すでに持っているクレジットカードの分割手数料がいくらなのかを調べておくと、いざ分割を利用するときにどのクレジットカードを使えばいいのかが分かりスムーズですが、エポスカードは利用先のお店で優待が受けられる人気のクレジットカードであり、セゾンカードは歴史が長い信用性と有効期限のない永久不滅ポイントが魅力です。そのようにメインで貯めているポイントがあるときは、手数料を抑えるほうをとるか、ポイントにするほうをとるか、判断して利用してください。

例えば上記2枚以外にも、楽天ポイントを貯めている方に人気の楽天カードは10万円を6回の分割にした場合の合計手数料は4,080円で、初回17,350円(2回目以降17,346円)の支払いとなり、dポイントが貯まると人気のdカードは10万円を6回の分割にした場合の合計手数料は4,020円で、毎月17,337円の支払いとなります。

<10万円6回払いの手数料の差額>
・楽天カード/合計手数料4,080円
・dカード/合計手数料4,020円
・クラブ・オン/ミレニアムカード・高島屋カード/合計手数料3,030円

その差はdカードで1,020円、楽天カードで1,080円にもなります。

しかしながら、この2枚はポイントが魅力的で、人気のあるクレジットカードです。

お得さというのは割引だけではなく、手数料を抑えられたり、ポイントアップ加盟店でポイントをいつもより多く付いたりとひとそれぞれなので、自分とって魅力的な方を選んでみてくださいね。

ただ、分割用のサブカードとしてと考えるならクラブ・オン/ミレニアムカードと高島屋カードは分割手数料がとても低くておすすめです。

文/クレジットカード研究Lab 編集責任者 志田愛仁(https://card-lab.com/profile/)
運営会社 バリューファースト(https://valuefirst.co.jp/)
雑誌編集者を経て、紙媒体とWEBの両方でライターを経験してきたバリューファーストの編集責任者。取材などで集めたクレジットカード情報やお得な使い方を伝えていきます。

1 2